• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【連載】”肉食系女子”という流行語の生みの親であり、自身も超肉食な日々を送る恋愛ライター・桜木ピロ子が取材! 恐すぎる恋バナを追う「彼氏・彼女怪談シリーズ」

kareshi201804_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「呪われてる」「何か憑いているのかも知れない」――。よく使われる冗談だが、時には笑えない現実もある。

 鵠沼紗枝さん(うぬま さえ・仮名)、38歳。有名企業の広報部に所属するキャリアウーマンだ。カジュアルな服装ではあるが、一目で上質とわかる服をさらりと着こなすオシャレな女性である。

「この話をしているのが私だって、誰にも絶対バレたくないんです。すごく怖い」

 何度も飲み物を口に運び、周りを気にしながら紗枝さんは話してくれた。

「30歳の頃、付き合っていた彼氏がいるんですが、その元カノの生霊に取り憑かれたことがあるんです。私、すっごく健康なんですよ。風邪もひかないし、病気とは無縁。でも、その彼と付き合い始めてから2年目、ある日突然、頭に帯状疱疹ができたんです。薬ですぐに治ったんですけど、その3カ月後、今度は尿管結石で救急車で運ばれたんですよ、それも2回。七転八倒の痛みでした」

 とにかく嫌なことばかり起こる。病気だけではなく、仕事でミスしたり、親友と仲違いしたり、親と疎遠になったりした。

kareshi201804_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

「ずっと気分が悪い日が続いたから、私、人間ドックに行ったんですよ。そうしたら、腎臓に影があるから精密検査するようにって言われたんです。自分でも確認させてもらいましたが、レントゲンに写っている影が白かったら良性、黒かったら悪性で、かなり大きめの黒い影が写っていたんです。怖かった。お医者さんも『悪性の可能性が高い』って言うし、もう目の前が真っ暗になりましたね」

 母親に影の話をすると、伯母にも相談したという。

「当時の伯母は、旦那さんを亡くした直後で、精神的に参ってた時期なんです。その伯母が、友達から紹介されて“心の拠り所”として話し相手になってもらってた霊能者がいて、精密検査の前に視てもらうことにしたんです。最高に落ち込んでたし、藁にもすがる思いで会うことを決めました」

 その霊能者は、とある温泉街に住んでいた。

コメント

2:匿名2018年4月15日 22:33 | 返信

自分の寿命が 数年縮んでもいいから 呪ってやりたい!と 思ってれば
生き霊飛ばせるのかね?
オカルトサイトなら そこまで追求して欲しいぞ(笑)


 

1:匿名2018年4月15日 14:30 | 返信

私もバツイチの人と付き合ってた時、彼の元妻の生霊に憑かれてたみたいです。結局、彼とは別れたけど、付き合ってる時は家に黒いモヤモヤしたものがいたり、部屋の電気が点いたり消えたり、カビのような土のような匂いがしたり、腕に覚えのない火傷があったりと散々で精神的にもまいってしまいました。
別れてからは何も起きてません。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。