• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 1928年にペルー南部パラカスで発見された、約3千年前のものと推測されている“パラカスの頭蓋骨”――。この謎の頭蓋骨をめぐる動きに新たな展開が起きている。


■先天異常の人類の亜種である可能性

 これまでに実に300以上の“パラカスの頭蓋骨”が見つかっているが、その異様に長く変形した頭蓋骨はエイリアン説とも、あるいは幼少時に頭部を木の板で挟み人体を変形させる人工頭蓋変形説とも言われ、長らく物議を醸している。

peruelongatedheads1.JPG
Express」の記事より

 DNA鑑定もすでに何回か行われているが、初期の鑑定ではパラカスの頭蓋骨が生物の類縁関係や進化に基づく系統を示す系統樹に属さないことが報告されている。現生人類であるホモ・サピエンス、そして最も近い化石人類のネアンデルタール人やデニソワ人とも異なる未知のミトコンドリアDNA変異体を持っているとして、やはり地球外生命体ではないかと世間を騒がせたのも記憶に新しい。

 今回、現地のパラカス歴史博物館とペルー政府が共同で行った、最新となるDNA鑑定とその結果が発表され大きな注目を集めている。

 同館長を務めるブライエン・フォレスター氏の報告によると、この不思議な形状の頭部を持つ人々は遺伝子の異常で先天的に生まれてきた、人類の亜種である可能性があるとのこと。黒海とカスピ海の間で発見されていた、同様の長い頭を持つ種と共通のDNAが見られたという。

peruelongatedheads2.JPG
画像は「Brien Foerster」より

コメント

3:匿名2018年4月13日 23:04 | 返信

遺伝子の異常と書いてあるだろうが 直すにはクリスパーキャスナインを使ったゲノム編集しかないんだよ

2:トランプ大統領2018年4月12日 23:59 | 返信

>>1

貴様は何を言っているのだ?そんな病気あるわけないだろう。
それは病気ではない。おまえの頭を同じように変形させてやろうか?
この北斗神拳伝承者の奥義ならば貴様の頭を変形させることは容易い。
そして、コーンヘッドの宇宙人として生まれ変わるのだ。
記憶をなくした状態で人生をやり直せ!お前はまだ若い!記憶をなくしてもやっていける。

しかし、雑種というのは納得いかん。頭の長い人間がいないのにそんなのが沢山生まれるわけがない。それならば、現代にもたくさんいるはずだ。頭をチョンに侵されて、みんな合体してウンコ人間にでもなったのかと思うしかない。まったく、くだらんたわごとだ。
韓国人らしく八百長を反省して読者に謝罪と賠償をすべきだ。
日本に住んでいるのであれば、出来れば切腹してもらいたい。
そして、TOCANAの記事になって謝罪文を掲載されることを願う。

私の情報だと、そいつらはまったく違うDNAをもった人類だという。
存在Xに捕まった宇宙人、もしくは存在Xが作ったレプリカントではないかと推測する。
そして用がなくなった。失敗作だったために全部殺された。

ところでそいつらが、どうやって死んだのか?まったく情報がないので調べてもらいたいものだ。
余りにも情報がない。長頭の巨人の骨を調べようとしたら、妨害にあったという話も聞く
余計なことをしないでもらいたい。私はそいつらが宇宙人だろうと人造人間だろうと情報を公開したいし、調査することを許可しよう。何ら問題ないし宇宙人が居ても、お前らも同じ宇宙人なんだし、何の問題があるのか理解しがたい。一番困るのは存在Xだけだ。自分の悪事がばれるのが怖いのだろう。唯一神であり、天皇であるこの私が言っているのだ。存在Xの話なんて聞かなくていい。阻止する悪党は始末しろ!私が許可してやろうというのだから、調査するのだ。

1:匿名2018年4月11日 16:22 | 返信

これパラカスの頭蓋骨の変形は治すことの可能な病気であり、
エイリアンではありません。
この病気はとても辛く苦しい病気で罹るべきではありません。
この病気は、先ず
母親の頭蓋骨が歪み、その母親をベースに胎児が作られるので胎児が歪みます。
この病気の罹患者は「頭蓋骨の底部にスポンジ状の腫瘍」が出来ていることが多い。
頭蓋骨の歪みを治さないと再発するかもしれない。
頭蓋骨の歪みを先に治した方が再発するリスクは少ないであろう。
少々の霊力と技術が有れば治るだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。