>  >  > 錯視画でわかる「統合失調症判定テスト」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7


※問題(2)

schizophreniatest3.JPG
 「The Minds Journal」の記事より


●正答:1番上から時計回りに4番目が正解。患者でない人は7番目を選択しやすい。

schizophreniatest4.JPG
 「The Minds Journal」の記事より

 これは「チャブ錯視」と呼ばれるもので、コントラストの高い模様の上に対象画像を置くと、その画像が実際より暗く見える目の錯覚である。

 統合失調症の人はこの錯視テストを楽々とそして素早く判断し“処理”できる。この研究では統合失調症患者15人のうち12人は、コントラストを正確に知覚することができたという。患者でない人は、コントラストの高い背景によって惑わされ、実際より暗いグレーのものを選んでしまった。

■なぜ統合失調症患者は錯視に騙されないのか

 錯視画を見ている時、人間の脳は前頭頭頂制御ネットワークと、目から情報を受け取る脳の視覚野の結びつきが強くなる。それによって予想する視覚が優勢になるように脳が処理し、実際には見えている視覚情報を圧倒すると研究者は考えている。

 一方、統合失調症患者の場合は、脳にこのような結びつきが発生しないので、結果的に、画を見えるままの事実として受け入れるという。同様に、アルコールやドラッグを使用している人も、この錯視に引っかからないということだ。脳が見ているものと、見えると予想されるものとがうまく結びつかない状態が、これらを使用している人の脳でも引き起こされている可能性がある。


■治療への一歩

 この興味深い発見は、統合失調症患者が感情情報を適切な文脈を用いて解釈することが難しいという仮説を証拠立てるものと捉えることができる。

 前出のデイキン博士は、次のように説明する。

「通常、脳内の文脈的プロセスは、関連するものに焦点を当てるのに役立ちます。これは、私たちの脳が情報に圧倒されるのを阻止するためです。統合失調症の脳では、このプロセスが効果的に機能していないようです。おそらく、脳内の細胞が交互に切り替わるプロセスが原因である可能性があります」

 多くの統合失調症者は他人の行動を誤って解釈し、被害妄想的な感情を持つことが多いが、その理由は感情情報の「文脈判断」「状況判断」にあるという。多くの研究者が、今回の彼らの研究が統合失調症診断上に大きな意味を持つと考えている。

 錯視画が、このような研究目的に使用されているとは知らなかった。時としてわざと間違いを起こさせるのだから、人間の脳は微妙かつ精巧な機能を有する。しかし反対に「故障」が起きると「修理」が難しいのも人間の脳だ。この研究は、より客観的な統合失調症診断のための一歩になることだろう。
(文=三橋ココ)

Optical Illusion Detects Illness 動画は「Rutgers Today」より

参考:「The Minds Journal」ほか

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年4月16日 11:26 | 返信

陰謀論者だけど糖質ではなかったようだ

6:匿名2018年4月15日 18:53 | 返信

2問とも寸時に正解してしまった…
怖い

5:匿名2018年4月15日 17:43 | 返信

どれも同じに見えないから他と違って見えるモノを選ぶと正解する
元画像だと違うのだろうか?

4:匿名2018年4月15日 14:10 | 返信

微妙な色の違いがわかるなら 芸術やデザインの才能がある
眼や視神経がいい証拠じゃね?

3:匿名2018年4月15日 13:14 | 返信

全部同じに見える…

2:匿名2018年4月15日 10:25 | 返信

全問正解!
困りますね。
これは政府が統合失調症患者を増やそうとする陰謀ですね!

1:匿名2018年4月15日 09:24 | 返信

正解が判ると治療が必要なのか?困ったなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。