• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11
関連キーワード:

墓場

,

祭壇

,

稲荷

,

酒井透

,

青森

,

高山稲荷神社

inari_01.jpg
撮影=酒井透

 青森県つがる市にある「高山稲荷神社」。この神社は、五穀豊穣や商売繁盛、海上安全などのご利益があることで知られている。9月の例大祭や11月の新嘗祭、12月の大祓式などは大勢の人で賑わう。しかし、拝殿のはるか先に霊気の漂う場所があることはあまり知られていない。

 幾重にも重なるようにして続いている朱塗りの鳥居がある日本庭園を越えたところにあるのは、現役を引退した小さな祠や稲荷さまの『墓場』だ。かなり前にここに運ばれたと思われる祠の中には、何体もの稲荷さまが横倒しとなっている。また、首がもげてしまったコンクリート製の稲荷さまもある。


inari_03.jpg
撮影=酒井透

inari_02.jpg
撮影=酒井透


 いつ頃からこのようになっているのかは分かっていない。唯一分かっていることは、北海道や青森県、秋田県などにある神社や個人の家で不要になったものが集められているということだ。写真を撮っていると背広を着た男性が声をかけてきた。

「どこから来なさったのかな。こういうところは珍しいじゃろ。捨てられた祠がいくつも並んでいるのだから。まぁ、ゆっくりしていったらよかろう…」

 この男性は、それだけ言うと水路と平行している道を歩いて行ってしまった。ここに来る前に見ていたカーナビによると、この先は田んぼや畑が続いているだけで、集落のあるところまでは2~3キロ離れている。あまりにも不釣合な格好をしていた男性のことが気になった。

inari_04.jpg
撮影=酒井透

 それにしても、捨てられた祠や稲荷さまというのはシュールだ。現実離れしている。もちろん、写真を撮っているときに鳥肌が立つこともあったが、あまり気にしないことにした。そのときのことだ、草木に同化するような形で打ち捨てられていた霊堂が目に入った。

関連キーワード

コメント

11:匿名2018年5月22日 09:07 | 返信

いや、祓うなら敷地から出た後で塩振れよ。風呂にも日本酒入れて鬼枯れを直せよ。
ちゃんと気をつけろよ。

10:匿名2018年5月15日 02:25 | 返信

そもそも、キツネなんかを拝むのが間違い。
動物的な第六感は備わっても、人間としての正常な判断力や能力が失われるからね。
キツネなんか拝んでいたら、狂って当たり前なんだよ。

真っ当な化生であるなら、捨てたところでそこまで祟ったりしない。
自分の悪業の結果を受け取るだけでな。

真っ当に供養・処分できないほどの
とんでもない化生がキツネなり、蛇なりワニなりの動物霊ってことさ。
絶対に縁したら駄目だ。

9:匿名2018年4月19日 23:53 | 返信

「自分の体に塩を撒いておいたのだ(キリッ」

バカスwwww
何かね、霊とやらは半透膜かなにかでできていて
浸透圧をかけると細菌やナメクジみたくしおしおにでもなるのかね?w

8:匿名2018年4月19日 18:43 | 返信

んー 自分みたいにキモいババアに取り憑かれてその病気にさせられた経験があって、そいつを取ってもらったけど。そのババアに怒りを感じる 何故なら自分は若い青春時代はその霊障によって全部ダメにされた、身体を引きづりながら生きてきたから 今でもその悪霊に負の感情(因縁)を感じる

7:匿名2018年4月19日 16:29 | 返信

そこに祠を持って行く途中、面倒くさくなってどっかに捨ててきたっていう人がいるのだが、その稲荷様の持ち主は、一ヶ月もしないうちに原因不明の下半身麻痺、関節は年月をかけて奇妙に曲がり、死ぬまで下半身麻痺のままだった。その家の孫は21歳で事故死。もう一人の孫は20代で脳腫瘍が見つかり30代で死亡。その家の男系は絶えることになった。稲荷様はちゃんと帰してあげないとだめだよ。

6:匿名2018年4月18日 23:12 | 返信

その男性の写真はないの?うそくさいなあ

5:匿名2018年4月18日 17:50 | 返信

「まぁ、ゆっくりしていったらよかろう」→「まぁ、ここは長居しない方がいいよ」

どっちだよ!

4:匿名2018年4月17日 23:14 | 返信

「どこから来なさったのかな。こういうところは珍しいじゃろ。捨てられた祠がいくつも並んでいるのだから。まぁ、ゆっくりしていったらよかろう…」

「どっから来たんだば。こしたところ珍しいべ。投げられた祠なんぼでも並んでるはんでな。まぁゆっくりしてげ。」

3:匿名2018年4月17日 20:58 | 返信

男性の言葉が明らかに青森の言葉じゃないけど
(「じゃろ」は確実にない)
適当に老人っぽい語尾つけたのかそれとも架空の登場人物なのか

2:匿名2018年4月17日 17:15 | 返信

東日流三郡詩に出てくる荒覇吐の神が坐す所だし、中国東北部やロシアとの交易も盛んだった安東氏の居城にも近い古い文化があった所だから。オカルト側面からのアプローチが悪いわけじゃないけど、オチャラケはヤダなぁ

1:匿名2018年4月17日 15:53 | 返信

大変興味深い記事でした.

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。