• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 影響を受けるのはもちろん人間だけではない。5Gの電波が野生動物や昆虫をも死に追いやっているとスティールさんは訴えている。ゲーツヘッドには37,000台以上の街灯が設置されているが、スティールさんたちの調査の結果、スズメなどの小鳥はおろか昆虫まで姿を消していたのだという。

0413-5g-3.jpg
鼻血が出るようになったショーン君。画像は「Daily Mail」より引用

 5Gでは6GHz以上という高周波数帯を通信に利用するが、その電磁波の特性もあり、既存の基地局だけでは広い地域をカバーできない。そのため、スモールセルと呼ばれる小型の基地局をあちこちに設置する必要があり、ゲーツヘッドでは多数の5G対応LED電灯が設置された。ゲーツヘッドの街では、イギリス全土への5G展開に先駆けた秘密の人体実験なのではないかという噂までささやかれている。

 この事態を受けて、ゲーツヘッドの議会は公式Facebookに5Gの電波による健康被害を否定するコメントを発表した。不眠症、鼻血、流産、さらにはガンのリスクも上昇しないし、秘密の実験など行われていないと、スティールさんたちの主張を一蹴する内容である。

 5Gによる健康被害の懸念については以前トカナでも報じているが、実際のところ、その影響は未知数だ。つい最近もソフトバンクが渋谷での実証実験を行うと発表し、日本でも導入に向けた動きが加速している5Gだが、利便性だけでなく安全性にもしっかりと配慮してほしいものだ。

(編集部)

参考:「BBC」「Daily Mail」「総務省資料(PDF)」ほか

コメント

3:匿名2018年4月16日 11:58 | 返信

強力な電磁波ネットワークなんだからそりゃ健康被害リスクも増すだろう

2:匿名2018年4月14日 12:58 | 返信

ケータイが発売され始めた頃
ケータイから出る電磁波で 脳ミソが加熱されて脳腫瘍になる!
という都市伝説があったな(笑)

1:匿名2018年4月13日 22:42 | 返信

やったぁ!電子レンジ付けてるだけで小鳥も昆虫もいなくなる!実験は大成功だ!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。