• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4


■HAARPの起動による嵐発生&UFO出現なのか!?

 かつて英国防省でUFOや未解決事件を担当したUFO研究家のニック・ポープ氏は、この時に気象が操作された可能性を指摘している。具体的にはアラスカにある地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を探求する施設・HAARP(High Frequency Active Auroral Research Program)の起動である。それによってこの動画が撮影された日の嵐のような気象の変化が引き起こされると考えられているのだ。

「これは興味深いビデオです。HAARPが暴風雨に関連した気象現象を引き起こしているのかもしれませんが、多分それ以上のことがあります。HAARPと気象コントロールについては“臆測”とされていますが、気象改変技術が存在するという事実を否定することはできません。たとえば、人工降雨(cloud seeding)などはかなり前から指摘されています」(ニック・ポープ氏)

cigarshapedobject2.JPG
アラスカにあるHAARPの施設 「Wikipedia」の記事より

 米軍の気象改変計画としては、ベトナム戦争で行われたポパイ作戦(Operation Popeye)などが有名だが、昨年にアメリカ本土を襲った相次ぐ大型ハリケーンもまた気象改変技術によるものではないかと一部の専門家から強い疑惑が投げかけられている。

 一方、『UFO調査マニュアル』の著者であるUFO研究家のナイジェル・ワトソン氏が英紙「Daily Mail」オンライン版に語ったところによれば、アラスカ州のHAARP施設は、気象を操作し人心までをもコントロールできると考えている陰謀理論家の格好の標的になっていると指摘している。つまり、こうした現象を安易にHAARPに結び付けることに異議を唱えているのだ。

「ビデオクリップからは、何がこの光を発生させているのかはわかりませんが、それはHAARPが作動したことによるUFO的存在の幻影、またはHAARP起動によって誘導されたエイリアン宇宙船の地球接近ではないと思います。全体的な印象としては、陰謀理論家たちがエイリアンと接触している米国政府がHAARPという超極秘のスーパーテクノロジーを活用している証拠が持ち上がったとして喜んでいると思います」(ナイジェル・ワトソン氏)

cigarshapedobject3.JPG
Daily Mail」の記事より

 陰謀論的な言説を展開するUFO情報ウォッチャーにとって今回の動画は心を躍らせるものであったようだが、ワトソン氏の言及はそうした流れに待ったをかけるものになった。ともあれ、昨年アメリカを襲ったハリケーンは一部から大きな疑惑の目を向けられている。決してUFO研究家ではなくメインストリームに立つ理論物理学者のミチオ・カク教授も昨年、多発する米本土のハリケーンについて気象改変技術の関与を示唆しているのだ。はたして今回の動画はUFOと気象改変技術の存在の有力な証拠となるのか、関連する続報を注視したい。
(文=仲田しんじ)


参考:「Daily Mail」、「Mirror」、ほか

関連キーワード

UFO

コメント

4:匿名2018年4月16日 02:15 | 返信

しんじいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

しんじいいいいいいいいいいいいいいいいい

裸で何が悪い!

3:匿名2018年4月15日 16:50 | 返信

>>1

あなたがご覧になったのは、雲に反射した建物の光や雲そのものの可能性があるように思いますが、もしUFOだったら、あなた自身は驚かなくても、普通に一般人は驚いて写真に撮って話題にするでしょうから、なぜ一般人の話題にすらならないのかも考えたほうがいいかと思います

2:匿名2018年4月15日 16:43 | 返信

閉鎖されてもなお陰謀論のネタになるガコナ

1:匿名2018年4月15日 12:48 | 返信

何度もUFOを見ましたがYouTubeでは同じものをみたことがありません。
仙台宮沢橋北東方向に数が数えれないほど上空で横1列に並んでいるUFO、朝の10時ころだと、家を出て坂の上空にあった景色をつまんだ様に黒いUFO,山形方面に抜けるジャンクッションまで着いて来た、ほか沢山見ましたが、別に驚くようなものではないと思います。
もっとリアルに巨大なものお複数回見ました。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。