• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【作家・石丸元章がトカナに緊急寄稿! 「#metoo」ムーブメントを斬る!】

 ハリウッド女優が、有名プロデューサーから受けた過去のセクハラを告発したことから始まった「#MeToo」ムーブメントが、日本でも広がりをみせている。伊藤詩織さん、はあちゅうさん…… いずれの女性たちの告発も胸に刺さるものだった。しかし、「その知識、本当に正しいですか?」と題して、4月1日に写真家・荒木経惟さんのメインモデルであったKaoRiさんが発表したブログは、とりわけ衝撃的だった。


■KaoRiさんが言いたかったこと

Araki_3.jpg
画像は「KaoRi. | note」より引用

 KaoRiさんは、写真界の巨匠である荒木経惟さんが、これまで代表的な作品群で起用してきた重要な被写体であり、しばしばその存在は「芸術的なパートナーにも匹敵する」と称されてきた。それほどのモデルが、《私は芸術に貢献しているつもりでしたが、都合よくモノのように扱われていたんだと気づいたのです》《自分を隠して、隠れるように生きる毎日は今振り返ればとても不健康なことでした》と、否定的に過去を振り返ったのだ。KaoRiさんが#MeTooとして言いたかったことを並べると、

1. 必ずしも本意でなかった撮影が、編集者を含む複数の関係者によって「芸術」の名の下、押し切るように行われたことへの違和感
2. 自分のヌード写真が世に出ることのリスクを知る術なく、言われるがままに応じていた過去への想い
3. モデルとなったことで疲弊した心を写真家に伝えたが、誠意ある対応が得られなかったことへの怒りと悲しみ
4. 契約関係が曖昧で、金銭的に不利益な立場に置かれていた事実の暴露

という4点に絞られると思う。そしてKaoRiさんは、かつての自分のように未成熟な、あるいは今後モデルとなるかも知れない若者たちに向けて、「その知識、本当に正しいですか?」というタイトルで、一つの警鐘を鳴らしたのだ。意義のあることだと思う。

コメント

2:匿名2018年4月15日 18:20 | 返信

過ちを犯さずに成長するケースは少ない。
けれど、成長しない者は居ない。
何度も生まれ変わって魂は学ぶ。
誰もが「他人の嫌がることをしない」を心掛ける日が来る。
良い未来を応援しよう。

1:匿名2018年4月15日 14:29 | 返信

MeToo・・・民族によって意味が大いに異なる
世界=「私も被害者」
朝鮮=「私も加害者」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。