>  > アラーキー告発「#MeToo」にある“強烈な違和感”の正体

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

■時代が時代を裁いている

Araki_1.jpg
荒木経惟 Arakinema KaoRi 色淫女』(クエスト)

 自分は、この「#MeTooムーブメント」について、新しい時代の価値観が、過ぎた時代を裁いているものだと捉えている。申し訳ないけれども――アラーキー、あるいは篠山紀信でも加納典明でも、他のカメラマンでもいいけども。あらゆるフェティシズムや男根的性欲を具象化してくれる代表者が、その時代の中では、彼らだったんだよ。

 だから、当然ながらこの問題は実名の写真家個人だけの問題ではない。感受者を含めた、時代そのものが断罪されているんだ。故に、心が痛い。かと言って、過ぎた時代の“共犯者”である自分は、到来した新しい時代に対して、土下座して赦しを乞うべきなのだろうか――? 実はその点についても、私には強い違和感がある。

 とにかく今、自分の心中にある最も大きな感情を正直に言うならば、昨年の暮れに始まった「#MeToo」という時代が時代を裁くムーブメントの中で、ある日突然、自分が“裁かれる時代の側に立っている”ことを知ったという驚きだ。時代が時代を裁く事例は、これまでも山ほどある。特に戦争なんてのはそうだよね。戦後ずっと、特定のナチス親衛隊幹部が追われ続け、そして裁きにかけられてきたことは、個人の枠を超えて、ナチスの時代が永遠に断罪され続けることの強い表明であるし、だからこそ、そこには意味がある。

 いまアメリカ各地で、新大陸の発見者コロンブスの銅像が壊されたり汚されたり、撤去されている話だってそう。到来した時代にとって、コロンブスはもはや英雄ではない。「侵略者は時代を超えて断罪すべき対象なのだ!」という意思が象徴されているのだろう。

 あるいは、私自身が目の当たりにした光景もそうだ。恐らく同窓会で集まっていた老人たちが酒席で軍歌を歌いだした時、「戦争を賛美する歌を歌うなんてけしからん!」と、その場で昂然と憤りを表明した下の世代がいた――でも、老人たちは戦争を賛美してるわけではなくて、自分たちの青春時代を懐かしみ、声を合わせて歌っているに過ぎないのだ。まともな歌謡曲がなかったから――と、そのときのモヤモヤした気分の正体には、後になって気づいたのだけれども。

コメント

2:匿名2018年4月15日 18:20 | 返信

過ちを犯さずに成長するケースは少ない。
けれど、成長しない者は居ない。
何度も生まれ変わって魂は学ぶ。
誰もが「他人の嫌がることをしない」を心掛ける日が来る。
良い未来を応援しよう。

1:匿名2018年4月15日 14:29 | 返信

MeToo・・・民族によって意味が大いに異なる
世界=「私も被害者」
朝鮮=「私も加害者」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。