• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

 子どもの問題行動に手を焼いている親は大勢いるが、カナダではそのような子どもの「治療」に狂犬病にかかったイヌの唾液が用いられたと大問題になっている。自然療法家のブログに端を発する騒動は、地元自治体の公衆衛生当局が抗議声明を発表する事態にまで発展し、カナダのニュースメディアでも大きく報道されている。


■オオカミのような子ども

 騒動の発端は、同国ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリアの自然療法家(ホメオパス)アンケ・ジマーマン氏が自身のブログに掲載した記事だった。ジマーマン氏はホメオパシーの資格を持っているが、医師免許は持っていない。今年2月8日にアップされた記事は、暴力的で問題行動を起こしている4歳の男の子の治療に関する内容であった。

0418homeopathy-1.jpg
問題のブログ記事。画像は「drzimmermann.org」より引用

 記事によると、その男の子は幼稚園で周囲の子に暴力をふるい、机の下に隠れてはうなり声をあげて先生や友人を脅していたという。また、外出すると興奮して手をつけられなくなるため、両親は非常に手を焼いていた。夜は暗闇に怯えてなかなか寝付けず、家の外に狼男やゾンビ、ゴーストがいると怖がり、日付が変わる頃まで起きていることもしばしばだったようだ。

 我が子の行動や睡眠の異常を心配した母親は、息子とともにジマーマン氏のもとを訪ねた。ジマーマン氏は少年がオオカミを非常に恐れていることに気づき、「イヌに噛まれたことはないか」と尋ねた。すると、彼は2歳の時に海辺でイヌに手を噛まれ、軽い傷を負っていたことが判明した。

0418homeopathy-2.jpg
アンケ・ジマーマン氏。画像は「drzimmermann.org」より引用

 母親の話や男の子の行動から、ジマーマン氏は問題行動の原因は過去にイヌに噛まれたことだと診断した。ホメオパシーの考え方によれば、動物に噛まれてまるで狂犬病にかかったかのように興奮したり暴力的になったりする症状が起こることは十分にありうることなのだそうだ。

 男の子には「Lyssinum」という狂犬病にかかったイヌの唾液を何回も希釈して作ったレメディ(ホメオパシーの治療で使われる錠剤)が処方された。この治療により少年は落ち着きを取り戻し、オオカミのように唸ったり暴れることもなくなり、睡眠も改善したという。

コメント

4:匿名2018年4月25日 16:42 | 返信

ホメオパシーは
アレルギー物質等を ごく微量ずつ摂取し続け
アレルギーをおこさないように免疫を作る療法
さじ加減間違えると アナフィラキシー(重症アレルギー反応)をおこすから
専門病院で 専門医の指示のもと 医師&看護師の監視下で行うこと
この記事のシャーマンもどき(霊能者)は 行ってはならない


3:匿名2018年4月23日 18:29 | 返信

アナフィラキシーは重症アレルギー反応のこと。

2:匿名2018年4月22日 21:35 | 返信

アナフィラキシー的な奴だっけ?

1:匿名2018年4月22日 20:34 | 返信

祖父が 犬に噛まれて孫に祟り 数年前 犬に噛まれて凶暴に~
現代版 狐つきだなw
治療するなら精神科医か 霊能者・エクソシストの領域だろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。