• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180420_iron_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 インド・マハーラーシュトラ州バーンジェンで今年1月、製鉄所で溶鉄がこぼれる事故が起きた。現地紙「Times of India」によると、全身の50%にやけどを負った労働者3人が死亡し、4人が入院したという。溶鉄を運ぶための容器をクレーンで移動する際、不具合によって容器が傾き、溶鉄がこぼれたことが警察の調査で明らかとなっている。警察は工場の所有者と管理職2人を起訴したうえで、さらなる調査を進めている。

 同様の事故が、イラン・ケルマーン州でも同月に起こった。海外の動画サイト「LiveLeak」に投稿された動画にその一部始終が収められている。機械で運ばれてきた容器が突然ひっくり返り、中に入っていた溶鉄が辺り一面にぶちまけられ……。その場にいた作業員は命からがら逃げ出して、幸いにも事なきを得たそうだ。

 高温の溶鉄が作業員を襲う動画は、他にもLiveLeakで公開されているが、その中でも特にインパクトの強い動画をもう1本紹介しよう。

 中国の工場で撮影された動画には、1人の作業員が映っている。そんな彼に、信じられない悲劇が襲いかかる。なんと、彼の背後から、勢いよく高温の鉄シートが流れてきたのだ。まるでレッドカーペットのような鉄が彼を下敷きにして、どんどん折り重なっていく。あまりにも一瞬の出来事で、作業員も自分の身に起こったことを理解できなかったことだろう。この後、彼がどうなったのかは明らかにされていない。

 1000度以上の溶鉄が作業員に大やけどを負わせる事故は、世界中で頻発している。こうした事故は、周囲に引火して火災を発生させることもあるため極めて恐ろしい。米・オハイオ州で今年1月に発生した製鉄所の事故は、こぼれた溶鉄によって火災が発生し、消火までに数時間を要した。溶鉄に水を浴びせると瞬時に蒸発し、高温の蒸気が辺りに飛散するため、消火活動が困難を極めたという。幸いにも工場の作業員にけがはなかったが、一面が溶鉄で覆われている光景は、まさに“焦熱地獄”そのものである。

 機械の安全点検やマニュアル整備などが充実し、製鉄所や工場での事故が世界中からなくなることを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年7月23日 23:39 | 返信

シナ鋼板が低品質なのはこういう不純物が混じっているから

6:匿名2018年4月24日 04:44 | 返信

この手のは日本でもニュースにならないだけで結構あるよな
事故状況が社内に張り出されてるよ

5:匿名2018年4月23日 21:33 | 返信

>>4
これは中国の話やで

4:匿名2018年4月22日 08:49 | 返信

こういう危険作業こそ早急に機械化すべき
ロボットは歌って踊るようなお遊びのためじゃなくて人間の安心安全を強化するためのもの
日本は道を誤っている

3:匿名2018年4月22日 07:42 | 返信

助かりそうな要素が何もないな
なんか故意にやられた臭い

2:匿名2018年4月22日 04:13 | 返信

サバイバル中国w
事故ったトラック運転手が
びっくりして とっさに数キロ!走って逃げた なんて事もあったし
車に轢かれたり はね飛ばされても ほぼ無傷とか
頭に血がのぼると 超人じみた力が出るのか…
身体能力が異様に高いのか…
こんなもんじゃ死ななそう 


1:匿名2018年4月21日 23:52 | 返信

作業員が消炭になった様には見えないが

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。