• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 中国で「黒企」という言葉が広まりつつある。日本のブラック企業を直訳した新語で、意味もそのままだ。

 そんな中、ネットメディア「網易新聞」(4月11日付)が報じたブラック企業は、なんと女性従業員の生理を監視していたというのだから、開いた口が塞がらない。

 浙江省杭州市で、主に幼児教育に関わる事業を行う同企業の実態を告白したのは、昨年11月にこの会社に採用された事務職の女性従業員だ。当初、彼女は希望していた幼児教育に携わることができ、とても充実した生活を送っていたという。

 ところが3月末、彼女が会社の人事部に生理休暇の申請をしたところ、部門の女性担当者が「本当に生理なのかわからないので、トイレに一緒に行って確認をさせてもらう」と言い出したという。彼女はしぶしぶこれに応じたが、「この程度では生理とは認められない。生理休暇は却下する」と、休暇が認められなかった。

 女性は、会社に対し謝罪を求めたが、会社側からは誠実な態度が見られなかったため、メディアへ告発するに至ったのだった。

 この件についてインタビューに応じた同社の社長は、「これまで女性の福利厚生に努めてきたが、こうした制度を悪用する女性社員が多く困っていた。トラブルの温床となってしまう生理休暇という制度など、作るべきではなかった。今回の彼女も毎月、不定期な日付けで生理休暇を申請していたため、本当かどうか確認する必要があった」と弁明している。


メディアの取材に答える今回の「黒企」社長

メディアに告発した女性従業員
 これに対し、女性従業員は「私の場合、毎月定期的に生理が来ない体質だったので、どうすることもできない。今後は法的手段を取らざるを得ない」と、会社側と真っ向対立する姿勢を見せている。

 この女性従業員によれば、同社は給与の遅配など、生理休暇以外にもいくつか問題があったという。
(文=青山大樹)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年4月21日 18:03 | 返信

神社の近辺にストーカーがいないか気になる事案ですね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。