• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

※ショッキングな内容を含みます。苦手な方はTOPにお戻りください。

20180424_incest_01.jpg
左:スティーブン、右:ケイティ 画像は、「The Daily Mail」より

 離れ離れに暮らしていた父と娘が18年ぶりに再会――。本来なら感動的な出来事だが、悲劇を引き起こすこともある。英紙「The Daily Mail」などが報じて世界を震撼させた、世にもおぞましい父娘の愛憎劇について紹介しよう。


■3つの州で4人の遺体――ひとつにつながる事件

 米ノースカロライナ州ナイトデールで今月12日、生後7カ月の男児が遺体で見つかった。さらにコネチカット州ニューミルフォードで、銃殺されたケイティ・プレイドル(20)と彼女の養父、アンソニー・ファスコさん(56)の遺体が発見され、ニューヨーク州ドーヴァーでは、拳銃自殺を図ったとみられるスティーブン・ウォルター・プレイドル(42)の遺体が発見された。スティーブンとケイティは血のつながった父娘であり、男児は彼らの近親相姦によって生まれた子ども、ベネット・プレイドル君であることが判明した。

20180424_incest_06.jpg
ベネット・プレイドル君 画像は、「The Daily Mail」より

 スティーブンが22歳のとき、妻のアリッサさん(当時17歳)が女児を出産し、その子はデニスと名付けられた。しかし、スティーブンがデニスに暴力を振るったため、アリッサさんは「幸せに生きてほしい」と願って、生後8カ月のデニスを養子に出した。デニスはケイティと改名されてファスコ夫妻に引き取られ、ニューヨーク市から約80マイル離れたドーヴァーにて、夫妻の実の娘と一緒に育てられた。

 ケイティは、ドーヴァー高校卒業後、大学に通う予定だった。「芸術のない人生は、私にとって真の意味での人生ではありません」とブログにも書くほど芸術への関心が強く、デジタル広告の職に就くことを目指していた。そんな彼女がSNSを通して実の両親を発見したのは2016年1月のこと。彼女は大学進学を断念する代わりに、同年8月、バージニア州にある実の両親の家へと引っ越した。

コメント

1:匿名2018年4月25日 11:26 | 返信

悲しいなぁ...。
他にも全く同じような事件を見たことある。久々に再開した父娘が〜って。結局父が悪いだろ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?