• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
0424ugly-1.jpg
画像は「Research Digest」より引用

 イケメンや美女であることが収入という点でも有利にはたらく事実は過去の研究でも明らかになっているが、つい最近、「外見にまったく魅力のない人は、魅力あふれる人よりも稼いでいる」という新たな調査結果が示され、英紙「Daily Mail」をはじめとする海外メディアが驚きをもって報じている。


■外見の魅力と収入の関係

 社会生活において、外見が魅力的な人、要するに美人やイケメンほど“得をしている”ことはこの世の誰しもが認めるところだろう。過去の調査では、見た目の美しさが自尊心や社会的なスキルを高めることにつながるうえ、雇用者からは高い能力があると見なされることで、より高い賃金を得られる傾向にあることが判明している。

busaiku_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 だが、人々の美醜と収入の関係は、実際にはそう単純なものでもないらしい。今年2月に学術誌「Journal of Business and Psychology」に掲載された論文によると、「非常に魅力的でない」人々は、「魅力的でない」「平均的な見た目」さらには「魅力的」な人々よりも稼いでいるというのだ。

 この研究はアメリカ人の若者2万人を追跡調査したもので、被験者が16~29歳までの時期に自宅で3度面接を行い、その時々の収入などのデータと身体的な魅力について記録を取った。先行研究では外見の魅力が平均以下の人々を1グループにまとめてしまうことが多いのだが、この論文では細かいグループに分けて扱っている。

busaiku_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 29歳時点の収入と、それより以前の外見的魅力に相関はあるか? この調査でも魅力と収入にはおおよそ正の相関があることが分かったが、意外な事実も判明する。「非常に魅力的でない」グループだけには異なる傾向が見られたのだ。なんと、このグループはそれよりも魅力があると判定された人々より有意に高い収入を得ていたのである。

コメント

1:トランプ大統領2018年4月27日 00:36 | 返信

圧倒的に不細工というのはたぶん意味が違う。
私も左翼に不細工呼ばわりされて、金の亡者で人の金を奪った泥棒呼ばわりしてくる。
そんなことしていないし、何もしていないのだが?
奴らの勝手な行動が私を金持ちにしているのだ。
金とは実際のお金という意味ではない。権力とか歴史が動くことだ。
奴らの陰謀に巻き込まれると、あらぬ言い掛かりをされて、嫌がらせ行為やセクハラを受ける。
チョンの嫁とかAIが作り出した変なネカマが襲い掛かって、人をクソガキ呼ばわりして馬鹿だの無知だの。暴言を人間に言わせて、気色悪い笑い声を上げさせて馬鹿にしてなんとか従わせようとする。
それを延々と続け、ロボットのように同じことを何度も何度も繰り返し同じことをして、話しかけても人の話を聞かない。ポンコツポンコツだとか言い始めたり、どうやら分のことを言っているようで、生きている価値のないとか自殺行為だとか月や火星に行かないと死ぬと脅迫までしてくるのだ。
あほくさいので、奴の作ったシナリオであるクローンポプちんを作って持って来いと今は言っている。それが一番の解決する方法であると説いているのだ。
チョンは嘘しかつかないので聞く耳持たない。
なにが近親相姦だ!私は自分以外は信用しない。人間は同じ生物ではない。
猫は臭いで仲間であるかどうかわかる。
チョンのウンコの魔法にかからないように無視して、自分の主張を曲げない。
これが一番!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。