• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
「古代インドはインターネットを駆使していた」州首相が衝撃暴露! 証拠は『マハーバーラタ』に… 宇宙人の技術供与は確定的か!? の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 オルタナティブニュース「Oddity Central」(4月20日付)によると、インド・トリプラ州首相であるビフラブ・デーブ氏が、地元で開催されたワークショップで、「古代インドにインターネットが存在した」と発言、波紋が広がっているという。まずは、デーブ氏の発言を見てみよう。

「古代インドはインターネットを駆使していた」州首相が衝撃暴露! 証拠は『マハーバーラタ』に… 宇宙人の技術供与は確定的か!? の画像2
デーヴ氏「Daily Mail」より引用

「インターネットは何千年も前に古代インドで発明されていました。アメリカや西洋諸国ではないのです。多くの人はこのことを信じようとしませんが、もし古代インドにインターネットが存在しなかったら、『マハーバーラタ』のサンジェイは、一体どうやって、遠く離れたカウラヴァとパーンダヴァの戦いを知り、ドゥリタラーシュトラに伝えられたのでしょう? インターネットが存在したと考えるしかないのです。その時代には人工衛星もテクノロジーも存在したのです。このように先進的な科学技術を持った国に生まれたことを私は誇りに思います」

「古代インドはインターネットを駆使していた」州首相が衝撃暴露! 証拠は『マハーバーラタ』に… 宇宙人の技術供与は確定的か!? の画像3
画像は「Thinkstock」より引用

 デーブ氏は自信満々に語っているが、古代の物語をインターネットが存在した証拠とするのは、難しいのではないだろうか……? だが、実は似たような解釈は科学者もしている。以前トカナでもお伝えしたように、イスタンブール大学海洋科学研究所講師のヤウズ・オルネック博士は、旧約聖書の「ノアの方舟」の物語を解釈し、当時から携帯電話が存在したと語っていた。というのも、長距離通信が可能なツールがなければ、物語の辻褄が合わなくなってしまうからだ。

コメント

2:閣下様2018年4月25日 20:47 | 返信

キリストは、日本に留学しにきて、青森県で死んだ・・・

みたいなハナシ・・・ 違うかッ!?

1:さつき2018年4月25日 16:43 | 返信

おもろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。