• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
【やはり】「火星人は間違いなく存在する」著名物理学者がBBCでガチ暴露! 地球人の親戚である可能性大! の画像1
画像は「Express」より引用

 これまでトカナでは何度も火星に生命が存在する可能性をお伝えしてきたが、この度、なんと、イギリスの著名な物理学者までもが、「火星人は存在する」と発言したというのだ! さらに、欧州宇宙機関は火星生命の探索を目的としたプロジェクトを始動しているというから驚きだ。遂に地球外生命体の発見が現実になろうとしている。

 英紙「Express」(4月20日付)によると、驚愕の発言を口にしたのは、英著名物理学者ブライアン・コックス氏。コックス氏は、英・マンチェスター大学で素粒子物理学を研究する傍ら、数々の一般向け科学書を手掛け、かつては英人気バンドのキーボード奏者もしていたというマルチな才能に富んだイケメン物理学者として英国で人気を誇っている。そんなコックス氏が、英国放送協会のラジオ局「BBC Radio 1」で、次のように発言し、英国民のド肝を抜いた。

【やはり】「火星人は間違いなく存在する」著名物理学者がBBCでガチ暴露! 地球人の親戚である可能性大! の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

「イギリスも参加しているエクソマーズ(ExoMars)という新たなミッションがあります。火星の地下で生命を探索するミッションです。火星人は疑いなく存在します」(コックス氏)

 エクソマーズは、欧州宇宙機構とロシアの宇宙開発機関ロスコスモスが共同で手掛けているプロジェクトで、火星生命の探索を目的とした広範なミッションである。これだけ大規模なプロジェクトならば、彼らには“勝算”、つまり火星に生命が存在する可能性が高いと思っているはずだ。そう考えると、コックス氏の断言にも頷ける。

コメント

4:匿名2018年4月27日 15:18 | 返信

生命がいたかもしれない、というのは正しい。仮にそうだとしても、知的生命体というのはなかなか一足飛びに出来ない。
どうにも、「かもしれない」の連鎖が「間違いなく存在する」になっている理屈がわからない。

3:匿名2018年4月27日 03:52 | 返信

おいおい、頼むぜしんじ~。
あれ?・・・違う・・・だと?

2:匿名2018年4月26日 19:35 | 返信

火星人は人工衛星も飛ばせないんかな?

1:匿名2018年4月26日 18:34 | 返信

火星人が存在しても存在しなくても、
オイラの生活に何も支障をきたさないのでどうでもエエわw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。