• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ジャニーズ

,

渋谷すばる

,

脱退

subaru032.jpg

 関ジャニ∞の渋谷すばるがグループを脱退し、今年12月31日をもってジャニーズ事務所から退所することがわかった。

「音楽を追求するために海外を拠点に生活していきたい」と事務所に申し入れた渋谷。話し合いを重ねたそうだが、頑として意志を貫いた。今後、渋谷は語学や音楽を学びながら、自身の音楽を深く追求していきたいのだという。ジャニーズグループを脱退したメンバーは渋谷だけではない。彼らはなぜ、辞めようとしたのだろうか。

 グループのうち、半分が脱退してしまったKAT-TUN。最初の脱退者は赤西仁だった。赤西はソロ活動をしたいという希望と“グループの方向性の違い”から2010年7月にグループ脱退。2006年にも突然の芸能活動休止宣言をして留学をするなど、不穏な動きもあったため、グループとの確執があったのではないかという噂もたった。

 同じKAT-TUNだった田中聖は、2013年9月30日付で解雇したとファクスで発表。事務所は「度重なるルール違反行為があった」と説明した。脱退後、田中はロックバンド・INKTを結成するも、2017年5月には車内で大麻を所持したとして現行犯逮捕されてしまった。これに伴いバンドは解散してしまう。 

 KAT-TUN、3人目の脱退者は田口淳之介だった。2015年11月24日放送の日本テレビ系歌番組『ベストアーティスト 2015』でグループ離脱と事務所退社の同時電撃発表を行った田口は「30歳を目前にして自分の道を選択させていただきました」とコメント。2017年にはユニバーサルミュージックとアーティスト契約を結び、メジャーデビューを果たした。

 NEWSも脱退者が多い。2011年10月7日、ジャニーズ事務所からマスコミ各社へとある内容のFAXが一斉同報された。中身は中心メンバーだった山下智久がソロ活動。錦戸亮は並行して活動していた関ジャニ∞に専念するため、2人が脱退するという発表だった。

 山下は前年から「1人でどこまでできるか挑戦したい」と希望しており、他のメンバーとの話し合いを経た上で脱退。錦戸は関ジャニ∞の人気が急上昇したことから、事務所が並行活動は困難と判断し、本人も脱退を受け入れたという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。