• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【日本奇習紀行シリーズ】 東北地方

infertility_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 2018年1月期スタートのドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)では、深田恭子演じる女性が、松山ケンイチ演じる夫とともに、懸命に妊活に励むもなかなか子宝に恵まれず、そのプロセスの中で、いわゆる「不妊ハラスメント」とも言うべき仕打ちに見舞われる姿がしばしば登場していた。実は、我が国に関して言うと、こうした心無い仕打ちは、女性側にのみ行われているわけではなく、比較的古い時代から、少なからず男性側に対しても行われてきたようだ。


「まあ、昔はね、“種無し”だのなんだのと言われて小馬鹿にされたりしたものでね。ひどい時代だったよ」


 その若き日に、自身の兄に対して行われてきたという、周囲の心無い仕打ちについてそう証言するのは、東北地方のとある寒村で生まれ育ったという横田清十郎さん(仮名・78)。横田さんの話によると、彼の3つ年上の兄は若くして結婚し、一度は実家の後を継いだものの、その後は子宝に恵まれず、当時の慣習に基づく形で、なんとも不条理な仕打ちを村人たちから受けることになったのだという。


「もともと、子どもができないという時点で、うちの兄貴は長男だったのに、肩身の狭い立場に置かれてね。村の寄合でも発言権すら与えられないという有様でさ。それで、結婚して5年目の春にね、これはいよいよいかんという話になってね、“よその嫁”をさ、借りることになったのよ」


 実は横田さんたちの暮らしていた地域では、結婚後5年を経過しても子宝に恵まれなかった場合、すでに出産経験のある近隣の人妻を“借りる”という形で性行為を行い、「子種の有無を確かめる」(横田さん)という、なんとも驚くべき風習が存在していたのだという。要は現代ほど、男性側の不妊について正確に調べる術のなかった時代ゆえの、なんとも愚かな行為であると言えるが、いずれにしかり、当時はこうした間違った行為が横行していたことから、横田さんの兄も、その風習に則る形で、毎月1人ずつ、隣家の人妻たちとの子作りを強いられることとなったのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。