• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
Stuttering.jpg
イメージ画像:「Photo AC」より

 ロンドン大学の研究者たちは、子どもに対して5歳前から外国語教育を始めることにより、吃音(きつおん)障害が発生する確率が高くなることを発見した。それが本当ならば、幼稚園児が塾などで外国語を学ぶことは致命的なデメリットとなる。実は、筆者はタイ人の妻との間に男女2人の子どもがいるが、息子は2歳頃に吃音が始まった。どうも日本語よりも先にタイ語を覚えてしまったことに原因があるようなのだ。そこで、筆者の子どもの実体験とともにこの問題を考えていきたい。


■早期のバイリンガル教育で失われるものとは?

 今回の研究では、ロンドンに住む317人の吃音障害がある子どもたちを調査対象としているが、なんと全員が4~5歳の時期に吃音が始まっていた。そのうち69人(21.8%)は、家庭では英語以外を話すバイリンガルだった。また、38人は英語が話せない親からの学習を強いられており、うち15人は5歳までに親の母国語(英語以外)しか話せなかった。つまり、5歳未満の幼児が外国語を学習して「バイリンガル」になることによって、吃音障害が始まる可能性が高いということになる。ただし、この研究は吃音障害となる原因までは明らかにしていない。

stuttering_1.jpg
画像は『日本人の脳』(大修館書店)

 1978年に出版された『日本人の脳』(大修館書店)の著者である東京医科歯科大学名誉教授・角田忠信氏は、日本人の大脳左右半球の働きが外国人とは異なることを発見し、当時大きな話題となった。角田氏の研究によると、外国人は虫の鳴き声などの自然音を「雑音」として大脳右半球で処理するが、日本人は本来、言語処理を司る左半球で虫の音を捉える。そのため、外で鳴く虫の音に“風流”を感じ、ひいては日本人が独特の文化を創り出すことにつながったという。

 角田説では、このような左右半球の機能上の違いについて「5歳頃までに決まる」としていることからも、やはり5歳頃は言語学習など脳機能の成長にとって大変重要な時期であるようだ。幼少期からバイリンガルにさせることによって、こうした「日本人的感性」を一生涯持てなくなってしまうかもしれないのだ。

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年5月 8日 17:03 | 返信

「うち15人は5歳までに親の母国語(英語以外)しか話せなかった。つまり、5歳未満の幼児が外国語を学習して「バイリンガル」になることによって、吃音障害が始まる可能性が高い」

は意味が通っていない。この15人は5歳までバイリンガルじゃなかったはず。それとも「英語以外」を最初に習うと吃音になると言いたいのかな。

「現在でも母が日本語で伝えられないことをタイ語で伝えると理解できる」

そりゃそうでしょう。「伝えられないこと」を理解できるはずがない。これは母の側の問題で、子の側の問題ではない。

残念ながらこの著者の文章は論理的に問題が多い。そのことが記事全体の信憑性を落としているように思う。

4:トランプ大統領2018年5月 8日 09:15 | 返信

私は3歳の時だったか英語教室に通わされて、英語が喋れるように強要されたが
英語の文字の読み方も分からないし英語の文法が理解出来ないのでものすごく嫌いになった。
聞くところによると日本の英語教育は社会で使えないものだと元アメリカ国家機関の方がテレビで言っているのをみて、何のための英語なのだろうかとも思うし、調べると英語には私を侮辱する単語が溢れているようなので、さらに嫌いになったし、言語習得はやはりセンスがないと絶対使えないと思うのだ。
キューバ人のゾンビ映画をみたが、やはり言語に才能がないから喋れないと言って英語喋れなかったり、アメリカ人が嫌いなのでムカついてゾンビになっていないのに仲間の一人が思わず殺してしまうなど、言語習得には余程丁寧に教えてもらうか
本当にセンスがないと習得するのは困難だと思った。
よって、英語は嫌いであり
今すぐ左翼の反トランプ勢力であるキチガイを始末したいのだ。

3:匿名2018年5月 6日 08:48 | 返信

まだ未熟な幼い脳が耳に入る2つの異なる言語の処理の過程で混乱を起こすんだろうね
結果、幼児の脳はどちらかの言語をメインの母国語として自動的に選択するしかない
そもそも日本語と大半の外国語では発音のメカニズムから異なるのだから
発音時の弊害が露見するのは必然的と言える
親は子供の為にと良かれと思っての教育だろうが、何事も過ぎたるは及ばざるだな

2:匿名2018年5月 6日 06:22 | 返信

百瀬さんに代わってロンドン大学の研究結果を要約すると
『親AがX語とY語を話す家庭において、親AがX語を流暢に、Y語をぎこちなく話す場合は、Aの子どもはY語を習得せず、さらに吃音障害となる可能性が高い。その子が5歳以下の場合には。』
ってことでOK?

1:匿名2018年5月 5日 19:06 | 返信

音楽や料理 キャラクター ゲームの技やアイテムでよく見かける
スペイン語 イタリア語 フランス語 英語等をマスターするには
日本人には 致命的な欠陥がある
LとR FとP BとV の聞き取り能力がダメダメ
海外のブラックジョークで
強盗にフリーズ!と言われたのに動く日本人
何故撃たれない?!
それは無抵抗で 財布プリーズ!と差し出すから(笑)
と バカにされてるぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。