• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180428_face_04.jpg
画像は、「The Daily Mail」より

 ジェローム・アモンさん(43)は、世界で初めて顔面を全面的に移植する手術を2回受けた患者である。そのため、「3つの顔を持つ男」と呼ばれている。

 アモンさんは、難病の神経線維腫症I型を患っていた。神経線維腫症I型は遺伝性疾患で、約2500~3000人に1人の割合で発症する。皮膚の下に腫瘍が増殖し、外見的にはコーヒーミルク色の斑点(カフェオレ斑)ができることに加え、聴覚や視覚などに障害が表れることもある。アモンさんの顔面は、この疾患のために崩れてしまった。

 そこでアモンさんは、2010年7月に1回目の顔面移植手術を受けたのだが、手術自体は成功したものの悲劇が彼を襲う。その年にかぜを引き、治療のために投与された抗生物質が免疫抑制治療と合わず、移植の拒絶反応が表われたのだ。そして昨年夏から再び入院していたアモンさんだが、11月には顔が壊死し始め、除去せざるを得なくなった。しかし、次の顔面移植手術のドナーが見つからず、彼は顔が失われた状態で2カ月入院することとなった。

 そして今年1月、ようやく新しい顔のドナーが見つかった。パリから数百キロ離れた場所で死亡した男性(享年22歳)の顔がアモンさんに移植されることになったのだ。2回目の顔面移植手術は同月15、16日にパリのジョルジュ・ポンピドー欧州病院で行われ、形成外科のロラン・ランティエリ教授率いる医療チームが担当し、無事に成功した。

 手術から3カ月が経過した現在、入院中のアモンさんは「新しい自分に慣れてきた」と語る。

「最初の手術はすぐに受け入れられました。あのとき『これは僕の新しい顔だ』と思いましたが、今回も同じ気持ちです。この新しい顔を受け入れられなかったら、それはとても恐ろしいことになっていたでしょう。それはアイデンティティーに関わる問題ですから……。でも、やっとここまでたどり着いたんです。嬉しいですし、これが自分だと思っています」

 顔は、人間の外見のみならず、内面にも影響を与える。そんな大事な顔が失われた状態で入院していた昨年も、アモンさんは決して不平を口にすることなく、むしろ上機嫌だったという。その心の強さには、病院のスタッフ全員が脱帽したほどだ。

 移植された顔はこれから各部位の調整が行われる予定である。アモンさんは、新しい顔とともに、新しい人生を歩むことになるのだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2018年5月 6日 23:57 | 返信

これもう1回やった方が良いだろ

1:妖怪垢なめ(浴室が住居?)2018年5月 6日 20:31 | 返信

1番下の画像、形成的外科が担当であろう
過去生は何だったんだろう、もしかして毒物でいろんな人を殺してきたとか出ない事を願う。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?