• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180502_fire_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 海外発の投稿動画でしばしば目にする「フレイミングショット」。ショットグラスに注いだ強い酒に火を灯し、そのままストローで飲むのだ。炎が揺らめく酒は美しいが、危険が伴うことも忘れてはいけない。YouTubeをはじめとする動画共有サイトには、このフレイミングショットに失敗する決定的瞬間を映した動画も多数公開されている。そのうちの1つを紹介しよう。

 モスクワのとあるバーでは、リキュールの一種であるサンブーカをフレイミングショットで提供している。予め用意された炎にサンブーカを注ぐバーテンダー。そして、緑色の服を着た女性の前にあるグラスにサンブーカが注がれた瞬間、悲劇は起きた。なんと、火炎放射器のように炎が噴き上がり、彼女の顔面に燃え移ったのだ。隣に座っていた男性がストローで炎と酒を吹いたことが原因のようだ。

 一瞬にして顔を炎に包まれてしまった女性は、絶叫して席から離れた。男性が彼女を階下のトイレまで誘導する間、ずっと女性の絶叫が響き渡っている。動画は、別の女性が濡れたタオルを持ってきたところで終了するが、彼女のその後は不明である。

 この動画は、インドネシア出身のグロリオン・デートンさんのFacebookに投稿され、英紙「The Daily Mail」(2016年3月16日付)で報じられるなどした結果、約1千百万回も再生された。コメント欄には、不注意なバーテンダーやストローを弄んでいた男性に対する批判が殺到。「スタントではないのか」という疑問も寄せられたが、同じくコメント欄に登場した自称・特殊映像専門家は、その可能性を否定している。報道によると、事故を起こしたバーは女性に対して2百万ルーブル(約350万円)の賠償金を支払うことになると考えられている。

 フレイミングショットの危険性について、良識あるバーテンダーや専門家たちも指摘する。燃え盛る酒で口内や顔面を火傷するだけでなく、こぼれたアルコールが衣服にしみ込んで火が全身に燃え広がったり、放り投げられたグラスで火災に発展したりすることもある。一時の浮かれ騒ぎが、あなたの一生を台無しにしてしまうこともあるのだ。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

3:匿名2018年5月 8日 02:35 | 返信

燃エロ、いい女、燃エロ、ロシアン!
眩しすぎる、オマエとの出会いー

2:匿名2018年5月 8日 02:05 | 返信

怖すぎる

1:匿名2018年5月 7日 22:45 | 返信

やっぱ海外すげえわ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?