• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

三橋ココ

,

地鳴り

,

,

爆発音

,

群発地震

 世の中にはさまざまな神話、幽霊物語、都市伝説が存在するが、多くは単なる民間伝承と片付けられてしまう。しかし時には、科学をはじめ、いかなる手段をもってしても説明できないような話がある。これは、カナダ・ニューブランズウィック州のマッカダム(McAdam)村で起きた出来事だ。

newbrunswick1.JPG
マッカダム村 画像は「Wikipedia」より


■説明不可能な小さな地震が続く村

 マッカダムは2018年時点で、人口1151人の落ち着いた小さな村だ。しかし、なぜかこの地域にだけ説明不可能な小さな地震が続いている。

 2016年に一連の地震が始まり、過去30日間で小さな地震が22回、2016年初頭から数えると100回を超える地震がマッカダムを揺らした。しかし、その理由は全くもって不明なのである。

 2016年の地震は、時に家を揺り動かし窓ガラスを壊したが、リヒター値(地震のマグニチュードを示す値)ではそれほど大きい値ではなかった。そして2年後の現在まで、地震は起きた時と同様にぴたりとやんでいた。

newbrunswick2.JPG
Narcity」の記事より

 ところが現在、どういうわけか再び一連の地震が戻ってきたのだ。この地域の住民によれば、現在起きている地震は、銃声や爆発音に似た大きな騒音を起こしているという。そしてその騒音はどんどん増してきているとも。

 マッカダムの村長ケン・スタニックス氏は、その音を初めて聞いた時、湯沸かし器が地下で爆発したように聞こえたという。そして住民は、夜中に奇妙な騒音で起こされることに、だんだん慣れてきているとも付け加える。

 スタニックス氏は、「夜中にその騒音によって目を覚まし、これは例の地震に違いないと思っていると、音が徐々に弱まり、一連の音は終わるのです」と話す。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年5月14日 17:57 | 返信

未知の種族が棲んでおり、地下鉄を運営しているんだよ。

1:匿名2018年5月14日 14:16 | 返信

マグマの上昇や移動 火山の噴火だろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。