• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 あまり普段は気にしないかもしれないが、手や顔が人によってそれぞれ異なるのと同じように、実は足の形もさまざまだ。手相でその人の性格や運勢を見るように、“足”に焦点をあてて全体のバランスや突起している箇所、目をひかれるところなどから分析してゆくフットリーディング(Solestry)が海外では人気らしい。


■足の形でパーソナリティーがわかる

 このところイギリスでは第3子となるロイヤルベビーの出産や、ハリー王子とメーガン・マークルの結婚などおめでたい話が続いているが、王室セレブたちの足の形を例に挙げたパーソナリティー解説が当たる(!?)と話題になっているようだ。

 古くは古代中国を起源とするというフットリーディングだが、身体を底から支えている「足」を見れば、自分の隠れた心身状態も丸わかりだという。自分がどんなタイプなのか、実際に自分の足を照らし合わせながら確かめてみよう。

footreading1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

1. 幅広
 一生懸命働くハードワーカー。常に動き回っており、休めと言われると逆に休みに何をしたらいいか迷ってしまうかも。

2. 幅が狭い
 別名プリンセスフット。周りの人があれこれ世話を焼いてくれる、幸せな星回り。自分でも恵まれた状況を自覚しており、感謝を忘れない。

3. 甲が高い
 周囲に迎合するよりも自分の信念を持ち、自分の時間や生活を大事に楽しんで過ごす。

4. 扁平足
 会社人間。人生で多くのサポートを必要とする場面に出くわすかも。

5. 足が小さくなった(サイズダウンした)
 腱や靭帯の緊張により、足が小さくなる場合があるが、これは人生で何か変化があったことを意味している。焦って前に進む前に、自分の置かれている状況をじっくり見つめる時間が必要だ。まずは私生活を振り返ってみよう。

6. 足の親指と人差し指が離れている
 大きな物事を決定する際にはよく考えるようにしよう。いつも深く考えずに焦って決めてしまい、後から後悔する羽目になることが多いからだ。隙間が大きいほど、より慎重に。

7. 足の人差し指と中指のつま先にしわがある
 順応性があり、好機を逃さない。

 フットリーディングの第一人者ジェーン・シーハンによると、足の指のつま先はそれぞれ生命の異なる領域を示しており、

・親指:信条、自尊心
・人差し指:感情
・中指:エネルギー
・薬指:周囲との関係
・小指:自分の安全で進むべき道や方法を示す

 ということだ。

 あまりなじみのないフットリーディングだが、上記ポイントのほかに、さらには指の長さや幅、向き、カーブなど形の特徴、爪の大きさなどさまざまな要素を組み合わせて診断していくというから、なかなか奥が深そうである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。