• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

SMAP

,

ジャニーズ

,

新しい地図

thumb001.w800.v1522140410.jpg
「新しい別の窓」AbemaTVより


 芸能界の一大帝国、ジャニーズ事務所が大混乱に陥っている。新年度を迎えてすぐに関ジャニ∞の渋谷すばるが脱退、退社を発表したのに続いて、TOKIOの山口達也が女子高生への強制わいせつ事件で書類送検されていたことが発覚、6日にジャニーズ事務所は山口との契約を解除した。その裏で着々と“地固め”をしているのが、昨年ジャニーズ事務所を辞めた元SMAPの「新しい地図」だ。2週間限定で公開した映画「クソ野郎と美しき世界」をヒットさせただけではなく、ジャニーズが独占状態だったマスコミ関係にも切り崩しを図っている。これがジャニーズの終わりの始まりなのか…。

「関ジャニ∞、TOKIOとも次期社長が内定しているジュリー副社長案件です。以前から一部で疑問を持たれていたマネジメント能力が改めて不安視されているだけではなく、どちらの件でも表には出てこないため、責任逃れと批判を浴びています」(芸能関係者)

 ジュリー副社長の基盤が大きく揺らいでいることで、SMAPのチーフマネージャーだった飯島三智氏もほくそ笑んでいるかもしれない。飯島氏はメリー副社長、ジュリー副社長親娘にジャニーズ事務所を追い出された身でもあるため、この事態を喜んでいたとしても不思議ではないからだ。大混乱のジャニーズ事務所を尻目に、飯島氏、そして香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の元SMAPのメンバーは着実な成果を出している。

「ジュリー副社長と反対に、敏腕ぶりに磨きをかけていると評判なのが飯島氏です。4月に公開した映画『クソ野郎と美しき世界』は2週間限定だったにもかかわらず、最終的に28万人以上を動員。当初の目標動員15万人を倍近く上回った。毎日、動員数を公開することで、ファンを一緒に“戦っている”気持ちにさせるという、飯島氏が考案した作戦が大成功。ヒットを受けて、早くも続編制作が決定した」(映画関係者)

関連キーワード

SMAP

コメント

2:匿名2018年5月 9日 19:57 | 返信

何このクソ記事
誰が書かせてんだか

1:匿名2018年5月 8日 22:15 | 返信

も、もしかして

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。