• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

平尾龍磨

,

李国林

,

深笛義也

,

脱獄

,

脱走

hirao_04.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 05年、岡山で職務質問を受けた李は、逃走を図ろうと、警官にバールで殴りかかり拳銃を発砲した。別の警官が撃った拳銃の1発が李の太ももに当たり、その場で逮捕された。

 3日後、治療先の病院から移送の際に、李は岡山県警の護送車を奪って逃走。20台のパトカーが追跡し、乗用車やパトカーとも接触しながらカーチェイスを繰り広げたが、約5キロ先で捕まった。

 殺人未遂、窃盗の罪で07年9月、広島高裁岡山支部で懲役23年の判決が確定する。徳島刑務所を経て広島刑務所に服役。印刷工場での作業をしていた李は数回作業拒否をした以外は、まじめに刑期を努めていた。運動の時間には熱心にランニングして体力保持に努める姿も、好意的に受け止められていた。

hirao_02.jpg
乗り越えたと見られる広島刑務所の東塀「Wikipedia」より引用

 12年1月11日、午前10時40分頃、運動時間中に刑務官の監視の隙を見て、李は高さ2.8メートルの内壁を乗り越え、事務所の屋根を伝って移動。老朽化対策の工事で足場が組まれていた5メートルの塀を乗り越え外へ出た。触れるとブザーが鳴る防犯線は、工事のために取り外されていた。

 李の不在が気づかれたのは、運動後の点呼になってからだ。刑務所が広島県警に通報したのは1時間も経ってから。おおごとになったら出世に響くと刑務所幹部が考えて、脱獄はしていないと信じて刑務所内を探索していたのだ。

 12日昼、空き巣に入られたいう通報がある。外から死角になる風呂場の窓の格子を引き剥がして侵入し、ビール数本と白飯を飲食した形跡があった。ニット帽、ダウンジャケット、有価証券など約4万3千円に相当する50点が盗まれていた。

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年5月10日 17:59 | 返信

広島刑務所近辺に住んでる。
脱走当日の夜8時頃、刑事が「何か異常ありませんか?」と尋ねてきた。
脱走犯逮捕後の翌日にも刑事が「逃走中に色々と盗んでる模様なので何か紛失物はありませんか?」と尋ねてきた。
脱走以外に窃盗の罪も増えてアホやな~と思った事を思い出したよ。
今の広島刑務所は外壁をリニューアルして厳重化してる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。