• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

アンジャッシュ

 芸能界に何組も存在するお笑いコンビ。2人のうち片方だけが売れて、仕事量に明確な差がある……といったコンビもいるが、中には「テレビによく出ているほう」と比べて「出ていないほう」の“ネット好感度”が逆転しているコンビもいるようだ。


■アンジャッシュ

6186W4M3P2L.jpg
画像は、アンジャッシュ ネタベスト [DVD]/ ビクターエンタテインメント

「アンジャッシュは、もともと渡部建のほうがイケメンで人気があった印象。本人もMC能力やグルメの知識を活かし、仕事を獲得してきましたが、近年ネット上には『ウンチクがうざい』『なんか上から目線で腹が立つ』という批判も増えています」(芸能ライター)

 一方、相方の児嶋一哉に関しては「嫌味がなくてホッとする」「飾らないところが好き」と、好意的なコメントが多い。

「渡部は2017年4月から『王様のブランチ』(TBS系)のMCを務めていますが、同10月に夏休みで番組を欠席した際、児嶋が代役で出演。ネットユーザーからは『渡部になってから見てなかったけど、毎週児嶋だったら見たいな』『渡部と児嶋チェンジで!』とも言われていました」(同)

 また昨今、芸人がドラマ出演すると「役者じゃないのになんで?」とブーイングを浴びることも珍しくないが、今年4月クールで放送中の連続ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)に出演中の児嶋は、「いい味出してる!」「邪魔にならない」と、受け入れられている。


■ANZEN漫才

「17年に大ブレイクを果たしたANZEN漫才のみやぞんも、相方のあらぽんより圧倒的にテレビに出ていますが、ネットでは『みやぞんの空気読めない言動が苦手』『キャラなんだろうけど、ずっと笑顔が張り付いてる感じが不気味』などとネガティブなコメントも確認できます。逆に、あらぽんは『ハチャメチャなみやぞんとコンビ組めるってことは、良い人なんだろうな』というイメージを持たれているようです」(テレビ局関係者)

 2人が揃って同年の『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演した際は、多忙なみやぞんの代わりに、あらぽんが自宅で妻とコンビのグッズ梱包作業を行う様子も紹介され、「相方の人気に不満もあるだろうに、偉い!」などと感心されていた。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。