• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180511_eel_01.jpg
画像は、「BestGore」より

 近年、絶滅危惧種に指定されたニホンウナギの漁獲量が低迷し、ウナギの価格高騰が懸念されている。土用丑の日などにウナギを食する習慣がある日本人にとって、この事態はまさに大問題である。このように、日本ではウナギというと専ら食用と考えられがちであるが、世界を見渡せば、それ以外の用途でウナギが利用されることもある。その最たる例の一つが“肛門への挿入”である。

 決して一般的とは言い難いが、一部のマニアはアナルに異物を挿入するプレイを好む。中でも、細長くてヌルヌルしたウナギは生きたまま肛門に入れるのに最適なのだ。とはいえ、ウナギを使ったプレイには危険を伴う。そんなリスクを考える上で、海外の過激動画サイト「BestGore」に公開された映像は参考になるだろう。

 手術台の上には、尻を出した男性が横になっている。その肛門から、なんと、長くてヌルヌルしたものが出ているではないか! 解説によると、これはデンキウナギだという。デンキウナギといえば、細胞を発電させて600~800Vの電圧を生じさせる危険な生物である。それを自らの体内に突っ込んだ男は、いったい何をしたかったのだろうか? 異物挿入の快感に加えて、体内に電流が流れるのを味わいたかったのか? いずれにしても命懸けである。動画では、医師がウナギを引っ張って無事に引き抜くことに成功している。ウナギは動かず、男性もまた動かない。男性は瀕死の状態にあるのかもしれない――。

 同様の事件は、昨年11月にも英紙「Metro」などで報じられた。中国東部の南昌大学病院にて、40代の男性が肛門からウナギを除去する手術を受けたのだ。手術は成功したものの、病院側は男性のプライバシーを守るために詳細を明かさなかった。実は中国では、ウナギをアナルに挿入することは珍しいことではないという。同年4月、南中国広東省の劉さん(49)は、「便秘を治すため」肛門に挿入したウナギが抜けなくなって、病院で手術を受けた。その1カ月後、中国南西部の四川省の別の男性が同様の手術を受けたが、これは悪戯が原因だった。さらに、「Qi Qi」として知られているVlogger(ビデオブロガー=日常生活をビデオで公開する人々)の女性(20)が同年7月、コンドームをつけたウナギを使ってオナニーする様子を生配信。彼女は体内からウナギを引き抜けず、手術を受ける羽目になった。

 このように危険な肛門への異物挿入は控えるべきだ。ウナギにとっても、美味しく食べられるのならまだしも、アナルに突っ込まれたのでは死んでも死にきれないだろう。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

6:匿名2018年5月18日 19:58 | 返信

電気ウナギは体内で放電したのか?
それでも生きてる中国人のほうが凄いわw

5:匿名2018年5月18日 06:20 | 返信

電気ウナギは体内で放電したのか?
それでも生きてる中国人のほうが凄いわw

4:匿名2018年5月15日 20:04 | 返信

こんなモノを体内に収めようとする発想が理解できない、、

3:匿名2018年5月14日 13:26 | 返信

(=ω=) アホじゃの・・

こういうニュースにこそ、動物愛護団体に出てきてほしいものだが…w

2:匿名2018年5月13日 23:32 | 返信

カンディルだったら更にえぐいんだろうな

1:匿名2018年5月13日 23:19 | 返信

3DCTの画像がとてもシュール

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?