• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

スピリチュアル

,

前世

,

天使

,

未来

,

臨死体験

 死後、人間の心や魂はどうなってしまうのか? 古の昔より多くの人々を悩ます問題にヒントをくれるのが、いわゆる臨死体験である。今回は英タブロイド紙「Express」より、不思議な臨死体験を2例ご紹介しよう。

0511death-1.jpg
画像は「Express」より引用

■天使に出会った女性

 1958年、米国カリフォルニア。当時6歳のエブリンさんはインフルエンザに感染し、急激に体調を崩した。病状はみるみる悪化し、エブリンさんは奇妙な体験をしたという。

 ベッドに寝ていたエブリンさんは自分が宙に浮いたのを感じたという。不思議なことに、医師が自分の体を診察している様子や心配そうに座っている母親の姿が見えた。やがてエブリンさんは天井を越え、別の世界に入った。光り輝く美しい場所だったという。

 その場所には一人の若い女性がいた。美しい長い髪に薄いブルーの服を着た女性は優しさと愛に満ち溢れており、エブリンさんは彼女こそ天使に違いないと思ったそうだ。二人は言葉ではなくテレパシーのようなもので会話していたが、エブリンさんが女性の背後の光に吸い込まれそうになると、女性はエブリンさんの腕を押さえてこう告げた。

「あなたの番ではありません。戻りなさい」

 だが、エブリンさんは嫌がった。もっと彼女と一緒にいたいと駄々をこねたエブリンさんに、女性は「あなたはいつか、悲しみの中で私の顔を見るでしょう」と言い、不思議なビジョンを見せた。その中でエブリンさんはずっと歳を取っていて、瓦礫だらけの混沌とした場所で、ショック状態の人々の中にいたという。それが何を意味しているのかエブリンさんには分からなかったが、愉快なものではなかった。

 気がつくと、エブリンさんは自室のベッドに横たわっていたという。体は重くて気分は悪く、母親に目を向ければ「良かった」とつぶやいて泣いていた。

 エブリンさんはあの女性のところに戻りたいと思ったそうだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。