• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

●Google Play

 一方、Google社のサービスの1つである「Google Play」のアイコンには、悪魔崇拝のシンボルが隠されていることをご存知だろうか? 単に再生ボタンをモチーフにしたデザインのように思われるが、見る人が見れば、これは「ルシファー・シジル」と瓜二つだと分かるだろう。

【衝撃】グーグルやFacebookのロゴに隠された4つの象徴! フリーメイソン、イルミナティ、悪魔崇拝…! の画像4
画像は「EWAO」より引用

 ルシファー・シジルとは、16世紀イタリアの魔道書である『真正奥義書』に紹介されているシンボルで、ルシファーを視覚的に召喚する目的で使用されるものだという。フリーメイソンの上部組織である「イルミナティ」は、堕天使ルシファーを崇拝していることで有名だ。


●Google Chrome

 Google社が提供しているウェブブラウザ「Google Chrome」にも、悪魔的なシンボルが隠されている。中央に青い円が描かれ、その周りを三色の色が取り囲んでいるお馴染みのデザインだが、よく見てみて欲しい。アイコン中央の円が数字6下部の円形部分、色と色の境目の線が6の上部の線を構成していると見ることができないだろうか?

【衝撃】グーグルやFacebookのロゴに隠された4つの象徴! フリーメイソン、イルミナティ、悪魔崇拝…! の画像5
画像は「EWAO」より引用

 すると、このアイコンには6が3つ。つまり、666という数字が隠されていることになる。これは、『ヨハネの黙示録』に出現する“獣”を象徴する数字であり、イルミナティが好んで使用する数字だと言われている。

コメント

4:匿名2018年5月15日 17:40 | 返信

Bluetoothのロゴも横倒しにすると、あるものに似てくる。
この次、記事のネタにしてもらってもいいよ。

3:匿名2018年5月15日 10:59 | 返信

そしてこの記事の下の方には、Googleプレイのゲームの広告がある。
スポンサーに対して配慮ができないのはクズ。

2:匿名2018年5月15日 00:26 | 返信

(-ω-) 飽きるね。いい加減に。

こんだけネットが普及して、多くに知られるシンボルマークなのに
未だに何も起きていない。

本当にシンボルに意味があるなら、
変な化生が召喚されて人々の目に留まって良いはずなんだけどなw
ヤマなし、オチなし、イミなし。
イルミナティこそ、本当のヤオイじゃないのかw

1:匿名2018年5月14日 19:41 | 返信

どこが似ているのか理解できないマークに対して、
旭日旗に似ているからあーだこーだと言いがかりをつけてくる、
いつものお隣さんと同レベルの幼稚さ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。