• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

予知夢

,

心理学

,

時間

,

米国

,

量子

 眠っているときに毎日のように見る夢。夢は昔から無意識、あるいは超自然的な何かからのメッセージであると考えられてきた。そして時々、夢の中で未来に起きる出来事や経験を先取りすることがあるという。このような、いわゆる「予知夢」を科学的に検証している人々がいる。オルタナティブメディア「Collective Evolution」からその研究についてご紹介しよう。

0518dream-1.jpg
画像は「 Collective Evolution」より引用

■予知夢を実験する

 米国セイブルック大学の心理学者スタンリー・クリップナー教授は40年近く夢について研究してきた。予知夢も彼のテーマの一つで、過去に興味深い実験を行っている。

 実験では、被験者は夜間に4~5回起こされて夢の内容を記録する。翌日、被験者はランダムで何らかの体験をさせられる(例えば鳥の動画を見るなど)。これを8日間繰り返す。そして夢の内容と翌朝の体験内容に一致がないかを調べるというものだ。

 検証の結果、被験者が夜見た夢と翌朝の体験には、そのほとんどで一つ以上の一致が見られたという。つまり、被験者らは翌朝の体験を予期するような内容の夢を見ていたことになるのだ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年7月12日 21:56 | 返信

量子とか聞いたことが無い。
経験や学習や洞察力をオカルトっぽく言い換えてるだけだろ。
いい大人が信じてると笑われるぞ。

1:匿名2018年5月20日 23:57 | 返信

奥が深い夢の魅力に取り込まれてしまいそう

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。