• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

佐藤Kay

,

動物実験

,

医学

,

医療

,

脳死

,

蘇生

,

頭部移植

「脳死」とは、脳の機能が失われ、回復が見込めない状態を指す。心臓は動いていても、脳幹と呼ばれる脳の中枢が働かなくなった状態だ。ほとんどの場合10日くらいで心臓も止まり、死に至るという。

 自分と近しい人がそのような状況になってしまったら――考えるだけで怖い。さりとて、いたずらに延命させることが、はたしてベストの選択といえるかどうか。そうなると、脳死は人の死として受け止めることが妥協点のように思えてくる。だが、現代医学界の一部では、そんな究極の倫理的タブーに、鋭くメスを入れようとする動きがあるようだ。


■ブタの脳の蘇生に成功

 トカナは先月、米イェール大学の科学者が100匹の豚を屠殺後、切り取った脳を蘇生させて、その後36時間生かし続けることに成功したと伝えた。

disembodiedbrain1.JPG
 「Daily Star」の記事より

 なぜ、このようなむごたらしい実験をしなければならないのか。ただそれだけを聞くと嫌悪を感じるのみだが、研究チームの責任者であるネナド・セスタン博士は、実験の意義について「動物の臓器が体外にあるときの反応を知ることは、人間の臓器研究を推し進め、医学の飛躍的進歩につながる」と説明している。そして、今後は同じ方法の実験を犬にも試したいと意気込んでいるというのだ。

 ちなみに、実験では豚たちは意識を取り戻すことはなかったそうだ。しかし、研究者たちは、ある程度の意識の回復は望めると仮説を立てて研究を続けているという。

 なにより恐ろしいのは、犬の後、ゆくゆくは人間にも適用されるのではないかということだ。

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年6月14日 14:29 | 返信

筒井康隆だったか誰かの小説で脳だけで生きる男の話があったな
理論的には数10年も生きられるとかいう理想的な語りで実践したら
止めどない激痛に襲われ続け脳だけなので訴える術もなく、しかも死ぬことはできない……たいう恐怖のストーリーだった

2:匿名2018年6月 3日 08:39 | 返信

脳だけと言えば映画のアドレナリン2で頭部だけで生かされてるシーンがあったな。

1:匿名2018年5月30日 04:15 | 返信

ボンクラの脳ミソを取っておく価値は 全くないが
偉大な学者や 哲学者 作家 音楽家・芸術家等は
死後も 研究を手伝わせたり 作品を作り続けてもらおうって陰謀か?!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。