• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ラロン症候群

,

佐藤Kay

,

奇病

,

小人

,

成長

,

難病

 1995年、インドのパンジャブ州に住むジャグター・シンさんと妻マンジート・カウアさんの間に、かわいい男の子が生まれた。マンプリートと名づけられ、大切に育てられたそうだ。しかし、生後6カ月を過ぎる頃、ある異変が現れた。マンプリート君が、大きくならないのだ――。


■1歳で成長がストップ

 それまでスクスクと育っていたマンプリート君は突如として成長を止めてしまったかのようであった。すぐに、医者に診せたものの「そのうちまた、育ちはじめるだろう」と、のんきな返事。だが、その期待は無残にも裏切られることになる。

 ただの発育不良ではなかった。1歳になる頃には完全に成長がストップしたと、地元の開業医から言い渡された。マンプリート君の兄と姉は、心身ともに正常に発育したのだが、なぜか彼だけが赤ちゃんのままとなってしまった。

laronsyndrome1.JPG
 「The Sun」の記事より

 両親は小さな農場を経営しており、決して裕福ではなかったが、それでも機会があるたび、息子を連れてさまざまな病院に診てもらっていたという。しかし、「甲状腺になんらかの異常がある」、「レアケースである」ということ以外わからず、精密検査を受けるには経済的理由でかなわないという状況だった。

 一部の専門家は、マンプリート君の病状を「ラロン症候群」ではないかと指摘している。世界で300例しかない小人症の一種で、非常に特異な遺伝子変異が原因とされている。子どもの成長に重要なインスリン様成長因子1(IGF-1)というホルモンの欠如によって起こり、手足がむくみ、大きな頭にシワシワの顔が特徴だという。

 つまり、現在のマンプリート君は23歳の青年にして、1歳程度の心身を持つ大人ベビーなのだ。話したり、歩いたりする以前に成長を止めてしまった彼を見て、両親が受けたショックは計り知れない。やがて、貧しさゆえにマンプリート君の世話を適切に行うことが困難になった両親は、インド北西部の都市ヒサールに住むカランビア・シンさんとラクウィンダー・カウアさん叔父夫婦のもとへ息子を委ねることにしたのだった。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年6月25日 09:17 | 返信

>>1

神の化身って聞こえがいいけど、要は「普通じゃない」ってことですよね......

1:匿名2018年5月24日 18:48 | 返信

ヒンズー教では大抵の奇形が神の化身になるんだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。