• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

オスカープロモーション

ThinkstockPhotos-501061538.jpg
画像は、Thinkstockより

“美の総合商社”と呼ばれている大手芸能プロダクション「オスカープロモーション」が大迷走している。米倉涼子、上戸彩、武井咲、剛力彩芽、藤田ニコル、岡田結実など数多くの人気女優、タレント、モデルを抱えており、芸能界でもかなりの影響力を持つプロダクションなのだが、今年に入ってあまりにもちぐはぐなマスコミ対応が目立っている。実は社内が揉めに揉めており、大混乱になっているというのだ。

「最近のオスカーはおかしいですよ。今まではこんな強引な手法を取ることはなかった」溜め息交じりに漏らすのはワイドショーデスクだ。多くのマスコミの槍玉にあがっているのが、「仮面ライダー」などの出演歴がある俳優の松尾敏伸が、覚醒剤取締法違反容疑で逮捕された1件だ。松尾は4月にオスカー所属になったとことをブログで発表、オスカーの公式HPにも松尾のことが掲載されていたのだが「逮捕を受けて急に『専属契約前だった』『HP掲載は間違い』などと言い出し、オスカーとは関係ないと主張した。にわかには考えがたいのですが、強硬に主張したため、メディアもそれを飲まざるをえなかった」(前出デスク)

 無理を押し通したかと思えば、その直後には意味不明なFAXを報道各社に送信し、大困惑させる事態を引き起こしていた。昨年、EXILEのTAKAHIROと結婚し、今年3月に長女を出産した武井が7月に復帰するというものだ。ただどの作品で復帰するかは一切書いていない、摩訶不思議な文書だった。

「わざわざ意味不明なFAXを送った理由として『一部報道などで女優業を引退すると報道された』などとしていますが、申し訳ないが一切話題になっていない。そもそも7月復帰は複数の社が掴んでおり、むしろオスカーは報道にストップを掛けていたのに。何がしたいのかよく分かりません」(テレビ局関係者)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年6月 1日 01:44 | 返信

バカなボンボンが会社を継ぐと ロクなことがない
典型例だなw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。