• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 パキスタン最大の都市カラチに住むモハンマド・エッサ・パラーリ君(18歳)は、5年もの間苦しみ続けた、あるモノとおさらばすることに成功した。なんと、それは重さ30キロもある腫瘍だった。パキスタン医学史上最大だという。


■ピンポン玉大のしこりが1年後に巨大腫瘍に

 それまで、ごく普通の男の子として成長していたモハンマド君だったが、13歳になる頃から徐々に右脚に違和感を覚え始めた。太腿にピンポン玉大のしこりを発見したというが、家が貧しかったため、気にはなったものの、そのまま放置するしかなかったそうだ。そして1年後――しこりは臀部と太腿を覆い尽くすまでに肥大して、もはや手の施しようがなくなっていた。ほどなくして歩行困難に陥り、ついには寝たきりとなってしまったという。

70poundtumour3.JPG
Daily Mail」の記事より

 モハンマド君に降りかかった疫病は「神経線維腫」だ。全身の皮膚にたくさんの小さな腫瘍ができ、正常な細胞組織の形成を阻害する遺伝性疾患として知られている。多くの場合、良性腫瘍であるため命に別状はないものの、見た目がグロテスクなことから、本人の精神的ダメージは計り知れない。

70poundtumour2.JPG
Daily Mail」の記事より

 だが、神は彼を見捨てなかった。今年3月、社会活動家のズルフィカール・ソランギ氏が、自らのFacebookにモハンマド君の写真をアップして彼の苦境を訴えたところ、偶然、地元福祉職員の目に留まることに。幸運にも、モハンマド君は無料で診療を受けられることになったのだ。

コメント

2:匿名2018年5月30日 12:44 | 返信

>>1

ハンドルにトランプ大統領の名前を使うのはやめた方が良いですよ。その名前であまり過激な発言を繰り返すと、国際問題になりますよ。

1:トランプ大統領2018年5月30日 01:50 | 返信

こういうの見るたびに思うのだが、やはり人間は遺伝子に欠陥がある。
これは操作されて意図的にこういう症状になったかもしれないし、欠陥により異常な事態に陥る。
だから、奇形になると言っているんだ!人間と結婚とかキチガイの域だ。
チョンのセクハラはやめてもらいたい。
鬼が人間と恋人になるとか想像するだけで吐き気がするし、チンコが萎える。
人間は見た目は良くても、臭いと脳内環境と形が違うので出来た子供は頭が悪く不細工になる。
更に臭くて生きるに値しない肉塊に過ぎん。醜いエイリアンなので殺処分が妥当だ。

人間の修理が出来るのは、クローンポプちんのみだ。
人間は自分がまともな生物だと思っているのでインプラントも除去できないし遺伝子も治せない。
ヒトラーの預言の通りに理解出来ないので何もできないのだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?