• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2014年に発生し、現在も進行中のクリミア危機の最中に、ロシアの「捕虜」となったイルカたちがいた。ウクライナの高官がたたえた、物言わぬ彼らの忠誠心と、その最期――。

dolphins_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

■東ヨーロッパの要衝、クリミア

 黒海に突き出したクリミア半島は、東ヨーロッパを支配する上での要衝である。同地はモンゴル帝国、オスマン帝国、ロシア帝国、ソビエト連邦、そしてナチスドイツと、歴史の変遷に伴い多様な勢力の影響下におかれた。

 ソ連が崩壊を迎えた1991年、クリミア半島の主権は平和裏にウクライナへと移り、息つく暇もない支配者の交代劇は、ひとまずの終息を迎えたかにみえた。

 が、影響力低下を危惧するロシアが、混乱を誘引して強引に半島を手中に収めたのは、それからわずかに年月をおいた2014年のことである。

 いわゆるクリミア危機により、プーチン大統領は西側諸国からの圧力と引き換えに、黒海艦隊のための理想的な港を確保した。この時、軍港の接収にあたったロシアの兵士たちは、保管された兵器と軍需物資のみならず、ある風変わりな収穫をも得ていたようだ。

spydolphins2.JPG
Daily Mail」の記事より


■餓死を望んだイルカたち

 今月15日、ウクライナの高官であるボリス・バビン氏は、ウズベキスタンのメディアに対し、悲痛な知らせがあると訴えた。その知らせとは、クリミア危機に伴い、ロシアに捕獲されていたバンドウイルカたちが、飢えにより死に絶えたというものである。

 イルカたちが餓死に追いやられたのは、ロシア兵による虐待の結果というわけではない。同氏が語るところによれば、イルカたちはウクライナへの忠誠心を示し、侵略者が提供した食べ物を口にすることなく、自らの意思で命を絶ったという。

 果たしてそのようなことが起こり得るのか? プロパガンダめいたバビン氏の主張には疑問を感じるが、イルカたちの来歴をたどれば納得できる部分もある。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。