• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 愛する人を失い“心が引き裂かれる”と、実際に心臓に多大なダメージを与えて、死にさえつながることを有名な心臓血管外科医が指摘している。

BrokenHeart_1.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より


■精神的ショックで起こる“ブロークンハート症候群”とは

 オーストラリア外科医師会に属し、多数の著作も持つ心臓血管外科医のニッキ・スタンプ氏が、英紙「Daily Mail」に寄稿して心臓への“愛”を語っている。スタンプ氏は心臓のことがよくわかればわかるほど、“美しい臓器”である心臓が愛おしく思えてならないのだという。そしてまさに心は心臓であり、我々の感情を支配すると共に、心が痛む体験は実際に心臓にダメージを与えるとし、わかりやすく解説している。愛する人との離別による失意と傷心で死に至ることもあるというのだ。

 1990年代の初めに心臓発作に似た胸の痛みを訴える女性患者を検査したところ、冠状動脈には異常は見られず医師たちは当惑したのだが、話を聞くと、その当日に患者の10代の息子が自殺未遂を引き起こしていたのだ。まさに心の痛みが招いた心臓疾患ということになり、この症例から「ブロークンハート症候群」と名づけられた。

brokenheartsyndrome1.JPG
Daily Mail」の記事より

 スタンプ氏によれば、精神的ショックはアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンなどのホルモンの分泌を促し、冠状動脈に一時的なダメージを与えて心臓発作に似た症状を引き起こすということである。そしてこのブロークンハート症候群に苛まれるのは圧倒的に女性が多いという。ブロークンハート症候群の患者の9割が女性という年もあるということだ。女性はそれだけ感情面の影響を心身に受けやすいということだろう。

 さらに閉経後の女性は、心臓を守る働きのあるホルモンであるエストロゲンの分泌が低下するので、心臓に、よりダメージを受けやすい状態にあるという。

コメント

5:匿名2018年6月 3日 23:45 | 返信

こんなのより事実でも無い事で責められた方がストレス溜まるて好きとか嫌いとかそんな次元超えてるから
もう責められる側から見たら根拠も無いから変なカルト団体みたいに責めてる奴らが見えてくるなマジキモい
金でも貰ってないか疑いたくなるくらい嫌がらせがしつこいキモい

4:匿名2018年6月 3日 20:44 | 返信

乳癌てホント怖い、そりゃ男も泣くよねw
ただ心臓疾患は特定疾病にならないから、心臓疾患になったら、きちんとサポート体制が整ってるアメリカやヨーロッパの医療先進国で療養するのが望ましい。

3:匿名2018年6月 3日 20:41 | 返信

心臓疾患は鬱病や精神病にはかかりにくい事が立証されてますけど?

何故なら人間は頭の病気で死ぬか
心臓で死ぬか、内臓や精神科系で自死るかのどちらかだから。

2:トランプ大統領2018年6月 3日 20:06 | 返信

私はあなたに愛の矢を放つキューピッド
あなたとハグだなんて絶対無理!
あなたにはこの愛の矢で十分。
届け、核の矢!
あなたの心にブロークンハート!

1:匿名2018年6月 3日 17:56 | 返信

なんでもかんでも 意味不明の横文字にするより
過度のストレスによる心不全
と言ったほうが 日本人にはわかりやすいぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。