• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?の画像1
画像は「Disclose.tv」より引用

 米国政府が政治機能を保存するための極秘巨大核シェルターを建造していたことをご存知だろうか。日本ではあまり報じられていないが、米ジャーナリストのギャレット・グラフ氏が、2017年に著書『Raven Rock: The Story of the U.S. Government's Secret Plan to Save Itself-While the Rest of Us Die』で暴露したことで、その存在が公になった。

 米ラジオネットワーク「npr」(2017年6月21日付)によると、グラフ氏がこの核シェルターの存在に気付いたのは偶然の出来事だったという。当時、米雑誌「Washingtonian」で働いていたグラフ氏は、同僚から駐車場で拾ったという怪しげなIDバッジを手渡されたそうだ。見たところ諜報機関員のIDのようだったので、その道に詳しいグラフ氏ならば落とした人物を特定できると思われたのだという。

 手始めにグラフ氏は、IDの裏に書かれた道のりをグーグルマップで調べたところ、ワシントンから100kmほど離れたところにあるレイブンロックと呼ばれる山に行き当たることを発見。そこで思いがけない建造物の存在を知ることになる。

米政府が建造したエリート専用「極秘核シェルター」の存在をガチ暴露! 1400人だけ収容、一般人は見殺し…日本はもっと悲惨!?の画像2
画像は「Disclose.tv」より引用

 人里離れた山奥に、米政府要人を保護するための極秘核シェルターが存在したのだ。先述したグラフ氏の著書の副題に『市民が死ぬなか、米政府を守るための極秘プラン』とあるように、この核シェルターは米国が核攻撃、化学兵器・生物兵器などの脅威に晒された場合、米政府の要人約1400人の収容することを目的に建造されたものだ。

「それは私がいまだかつて聞いたことがない施設でした。地図にも載っていないのです」(グラフ氏)

コメント

2:匿名2018年6月 6日 10:47 | 返信

国会議事堂地下の核シェルターの話は有名だな
ちょうどそのあたりに謎の空白地帯が存在してることが裏付けになっている

1:匿名2018年6月 5日 13:52 | 返信

レイヴンロックは、Fallout3をやった人なら覚えていると思うが、ワシントン北西の山の中にあるエンクレイブの地下基地だな。
エンクレイブというのは、アメリカ政府の後継を名乗っている奴らで、ストーリー的に悪者。
だから、2008年より前にはある程度知られていたと思うのだけど。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。