• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

■米国政府直属の軍事研究機関DARPAも参加!

――ほかにはどんな方が登場されたのでしょうか?

ケロッピー「2日目は、朝からDARPA(ダーパ)のジャスティン・サンチェスが登場。そのあと、ステラークの講義などが続きました」

――DARPAといえば、米国政府直属の軍事研究機関。ターミネーターみたいな、殺人アンドロイドの話は出てこなかったんですか?

BDYHAX2018_DARPA.jpg
DARPAのジャスティン・サンチェスJustin Sanchez @BDYHAX 2018

ケロッピー「そういう話はないですよ。遺伝子に直接遺伝情報を注入して人間の体質を改善するみたいな話をしてました。まだアイデア段階の話が多いから、具体的にどうするかという話はなかったですね。ターミーネーターというなら、ハイテクの義手や義足を装着している人たちの方が、見た目はサイボーグですよ。手首がクルクル回ったりしますから」

――おおっ、そうですね。DARPAは何が目的なんですかね。

ケロッピー「ボディハッキングの実践者たちは、DARPAの人たちが帰った途端に、彼らをからかい始めてましたけどね。実際、DARPAは、インターネットもGPSも携帯電話も、自分たちが開発したと威張ってますけど、金と権力に物言わせて、技術の利権を持っていっちゃったともいえるから。そのくせ、自分たちの身体を使って、ボディハッキングを実験する勇気はないと」

――ああっ、そうですね。

ケロッピーDARPAといえども、しょせんは公務員だから(笑)」

BDYHAX2018_Stelarc_02.jpg
「第3の耳」を披露するステラークStelarc @BDYHAX 2018

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。