• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 中国各地で、客が食べ残した火鍋のスープから主成分である油を再利用する、いわゆる“よだれ油”が社会問題となっているが、今回、大手チェーン店での使用も発覚した。

 香港メディア「東網」(5月30日付)などによると、その大手チェーン店とは、中国と香港で600弱の店舗を展開する「小龍坎」だ。各店舗に記者を派遣し、潜入取材を試みたところ、驚くべき実態が明らかになった。吉林省長春市内の店舗では、客が食べ終わった後のスープを胴鍋に移し、それを精製して再び別の客に提供していたのだ。屋上には、客が残した大量のスープがゴミ袋に詰められ、汚らしいバケツに入れられていた。


屋上には、客が残した大量のスープが並べられていた
 違法行為は、よだれ油だけでない。別の店舗では、消費期限切れの肉を豚の血で染めることで蘇らせ、“ゾンビ肉”として提供していた。また、江西省南昌市内の店舗では、モップを洗うバケツでコップを洗い、消毒もせずに客に出していた。


消費期限切れの肉もゾンビ肉として蘇る

南昌店では、モップ用のバケツでコップを洗っていた
 これまでこの種の事件は、個人経営レベルの小規模店舗で多発していたが、今回は大手企業が展開するチェーン店で起きただけに、世間に与えたインパクトは大きい。ネット上では「どうりで食べた後に腹を下すわけだ」「見るだけで吐き気がする。もう二度と行かない」「大手なら、油を交換するくらい大したコストじゃないだろ」などと非難が殺到。一方で「どこの店でもやってるだろ?」と冷静な意見も多かったほか、「うちは油の使用は1回だけ。でも、唐辛子を再利用している」といった店側からの暴露まであった。

 成都市食品薬品監督管理局は、小龍坎の直営店12店舗を立ち入り検査したが、違法行為は確認できなかったという。しかし逆にいえば、店舗の大半を占める加盟店ではやりたい放題だった可能性が強い。

 事態を重く見た同社は6月2日、監視カメラを設置していないすべての店舗に3日以内に設置すると発表した。しかし、ネットでは「この記事は、小龍坎がお金を払って報じられたPR広告?」「何日かして監視カメラが壊れた、なんてことだけはないようにしてほしい」と反応も手厳しい。小龍坎の前途は多難だ。

(文=中山介石)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。