• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180612_explode_01.jpg
画像は、「LiveLeak」より

 米・ワシントン州の都市フェデラルウェイで今月5日夜、駐車場に停めてあったSUVが爆発する事件が起きた。「ショットガンの音よりも大きな音がしました」と語るのは、ガレージ内にいるときに爆発音を聞いた近隣住人、トニー・ウィルソンさんだ。ウィルソンさんが外に出ると、歩道にSUVの破片が散乱し、庭の一部が燃えていた。

「(ガレージの)屋根の一部が吹き飛んだのかと思いましたよ。風が吹き始めたと思ったら、突風が屋根を木っ端微塵にしたんです。向こうにあるピックアップ(トラック)はかなり壊れていて、破片があちこちに散らばっていました。私はすぐにカメラを取り出しました。それから隣人は私よりも積極的で、私の庭に火を消すためにホースを持ってやって来ました」

 警察は、SUVを爆発させたとしてジョシュア・ブルックス容疑者(34)を逮捕した。爆発現場では、最近のテロ攻撃で使用されたのと同じモデルを含む11丁の銃と40ポンド以上の爆発物が発見された。警察によると、爆発したSUVはブルックス容疑者の名前で登録されておらず、爆発物を保管するために使用されていた可能性があるという。

 幸いにもフェデラルウェイの事件では誰一人として怪我をしなかったが、世界各地で続発する爆発事件では多数の犠牲者が出ている。そこで今回は、とある男性が爆発に巻き込まれる瞬間を収めた映像を海外過激動画サイト「LiveLeak」から紹介しよう。

 ロシア連邦カラチャイ・チェルケス共和国の都市チェルケスクで撮影された動画には、燃え盛るガレージとその様子を見守る男性の姿が。そして、彼がガレージの入口に近づくと、ガレージ内が大爆発。爆音とともに入口から炎が噴き出して彼の全身を包み込んだ。その後、火傷を負った彼の姿が映し出されると、焼け焦げた頭部と腕は皮が炭化してめくれ、見るからに痛々しい。しかし、彼はそんなことを一切気にしていないかのようにピンピンしている。『ダイ・ハード』のブルース・ウィリスもびっくりだ。

 そもそも、この男性はなぜ火災現場から離れなかったのか? ガレージが爆発する可能性を考えられなかったわけではあるまい。たまたま命に別状はなかったものの、一歩間違えれば死んでいただろう。LiveLeakの動画から得られる教訓を大切にしたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2018年6月29日 00:49 | 返信

このレベルの火傷その時は大丈夫でもあとでポックリ逝くから怖い

1:りっぷ2018年6月14日 01:55 | 返信

このおじさんの命が心配。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。