• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 お互いの名前を知り、呼び合うのは人間関係の基礎の基礎であるが、それは人間に限ったことではないようだ。オーストラリアに生息するイルカたちも互いの名前を認識し、呼び合ってコミュニケーションし、複雑な社会関係を築いているという。6月11日付の豪メディア「The Conversation」で報じられると、複数の海外メディアがこの興味深い発見を伝えている。

0612dolphins-2.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

■イルカの名前

 イルカは独特な鳴き声を発し、仲間とコミュニケーションをとる生物であることはよく知られている。近年、鳴き声の分析によって、イルカの個体にはそれぞれ特有の「名前」があることが判明している。2013年の野生のハンドウイルカの調査では、個体を表す特殊な鳴き声(シグネーチャーホイッスル)を録音して聞かせると、その個体が返事を返すことがわかっている。イルカたちは生後数カ月以内にそれぞれの名前となる独自の鳴き声を発達させ、自己紹介や仲間との合図にそれを使っているようなのだ。これは、野生動物がそれぞれの個体を表す呼び声を使っているという世界初の発見であった。

 では、野生のイルカたちはこの「名前」をどう使っているのだろうか? 今年5月、その一端を明らかにする論文が学術誌「Current Biology」に掲載された。著者は西オーストラリア大学のステファニー・キング氏らで、キング氏はイルカに名前があることを明らかにした海洋生物学者である。

コメント

1:匿名2018年6月14日 10:09 | 返信

知性イルカはSF的定番だよね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。