• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
nature_6.jpg
イメージ画像;「Thinkstock」より

 英誌「ネイチャー(Nature)」といえば、世界で最も権威ある科学雑誌の一つに数えられ、そこに論文が掲載されることは、科学者にとって最高の名誉とされる。実はその雑誌に、「占星術」に関する論文が掲載されたことがあると知ったら、きっと誰もが驚くはずだ。しかもその内容は、大真面目に占星術の原理を検証しようと試みるものだった。このような主張が本当に正しいのか、筆者も検証してみたので結果を報告したい。


■ネイチャーに掲載された占星術論文がヤバい!

 問題の論文は、米国の生物学者であるドナルド・A・ウィンザー氏が投稿したもので、1974年4月にネイチャーに掲載された。その表題はズバリ「分子生物学者はおひつじ座で生まれている(Molecular biologists come of age in Aries)」というもの。論文の要旨も、ほぼ同じく「分子生物学者は他のどの星座よりもおひつじ座で多く生まれているようだ」となっている。つまり、「生まれた日によって人間の性格や職業の傾向が決まる」という占星術的主張を証明しようというのだ。

nature_5.jpg
画像は「Nature」より引用

 ウィンザー氏は分子生物学者の生年月日のデータを集め、各人が生まれた星座を算出、統計学的手法によって何座生まれが多いか調査した。その結果、なんと「おひつじ座生まれが多い」という結論に達したのだ。

 自然科学の成り立ちに詳しい人ほど、この論文の趣旨に驚くだろう。というのも、近代自然科学は、占星術を否定するところから出発している側面があるからだ。従って、今日の科学者にとって占星術は、超常現象の類よりもずっと認め難く、拒絶意識が強いものの1つなのだ。その占星術にかかわる論文を、厳しい審査を経て世界で最も権威ある科学雑誌が掲載したのだから、これはもう研究の価値が認められたという大事件だったといえる。

 ウィンザー氏の一件がもたらした反響は実に大きく、「こんな論文が許されるなら……」と、同年12月の同誌には「科学ジャーナリストは魚座生まれが多い」という論文まで掲載されている。著者は、なんとネイチャーのシニアエディターだったジョン・グリビン氏だ。

コメント

2:匿名2018年6月24日 02:17 | 返信

サンプル数1000はないと意味ないよ

バカじゃねえの百瀬

お前最近調子のってない?

1:匿名2018年6月23日 19:14 | 返信

占星術的法則とイミフな事を書いてるが統計学のことだろ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。