• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

20180621_pencil_01.jpg
画像は、「Mirror」より

 今月11日、米ニューヨークの地下鉄駅構内でベンチに座った女性がすね毛を剃っている映像がSNSに投稿され、英紙「The Sun」などで報じられると炎上した。ピンクのワンピースの上に黒いジャケットを羽織った女性は、脚にシェービングクリームを塗って、使い捨てカミソリでジョリジョリ……。あまりの非常識さに、隣に座る男性は呆れ顔だ。

 公共の場におけるこうした行動は話題になりやすい。中でも、電車などの乗り物内での化粧については賛否両論がある。しかし、今月タイのバンコクで起きた事故を知ったら、果たして「乗り物内での化粧くらい問題ない!」と言えるだろうか? そんな恐ろしい事故を英紙「Mirror」から紹介しよう。

 今月12日、タクシーに乗車中の20代女性が後部座席で化粧をしていた。道路は渋滞しており、ドライバーの集中力が欠いたためか(?)タクシーは前方のピックアップトラックに軽く衝突してしまう。そのとき、アイライナーペンシルが女性の左目に突き刺さったのだ。

 救急隊員のタナボディー・サボディさんは、衝突自体は軽微だったものの、ペンシルの半分が女性の目の奥に入り込んでしまった“奇妙な事故”について次のように語った。

「事故はバンコクのディンデーン区で夕方5時20分に起こりました。けがをした女性は、タクシーの中で化粧をしていたんですよ。私たちが電話を受けて駆け付けると、左目にペンシルが突き刺さった彼女がいました。私たちが到着したとき、彼女はとても痛がっていましたが、話すことができたので、何が起こったのかを説明してくれました。出血は大したことがありませんでしたが、少し鼻血が出ていましたね」

 女性はラチャウィティー病院へと搬送され、ペンシルは無事に取り除かれたという。幸いなことに、ペンシルは眼球を傷つけず脳にも到達していなかった。すぐに女性の視力は回復するという。

 タナボディーさんは「事故はいつでも起こり得ます。だから、今回の事故は、車の走行間に化粧をする女性への警告とすべきでしょう。奇妙で想定外の事故で、こうした事故の発生を予測できる人は誰もいません。私たちは事故に備えなければなりません」と付け加えた。

 乗り物内での化粧は、単に非常識なだけではなく危険を伴うのだ。バンコクの女性は左目を失わずに済んだものの、目にペンシルが突き刺さった顔が全世界に報道されてしまった。肉体の傷は癒えても、心の傷は一生癒えないだろう。これを見ても「乗り物内で化粧をしたい」と思う女性は、どのくらいいるのだろうか?
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名2018年6月27日 00:42 | 返信

同情出来ねぇw

1:匿名2018年6月22日 22:09 | 返信

国のカネと国の公用車を用いて好き放題するからこういう目に会うのだ!自業自得!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?