• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 トカナでも過去に度々報じてきた南米ペルー・ナスカで発掘された「白いミイラ」の調査が新たな局面を迎えた。DNA検査によって、人類の新種という可能性が提示されたのだ。研究者は「21世紀の最も重要な発見」と自信満々に胸を張っている。今月25日付の英「The Sun」を始めとして多数メディアに報じられているその詳細について、早速お伝えする。

0626mummy-1.jpg
画像は「The Sun」より引用

■白いミイラ「マリア」

 問題の白いミイラが発見されたのは昨年6月のこと。地上絵で知られるペルー・ナスカの地で盗掘者の手で発掘されたという。全身が石膏像のように真っ白で、しゃがんで膝を抱えたポーズをしたミイラは、一見すると人間の成人に見える。だが、その手足にあるのは長い三本指、尖った巨大な頭部にはこれまた大きな目がある。その異様な姿から、一時はエイリアンのミイラかと騒がれたものの、DNA検査の結果、人間であることが確認された(詳しくはこちらの記事)。

 だが、「The Sun」によると、その正体はただの人間ではなかったらしい。DNAをさらに詳しく調査したところ、そのDNAの1.5%が人間のものとは異なっていたというのだ。この驚くべき結果は、スリランカの遺伝子研究機関の検査でも確認されたという。

「これは私たちの歴史の教科書を書き換えるかもしれない発見です。彼女は21世紀で最も重要な発見となりうるでしょう」

0626mummy-2.jpg
「マリア」の調査をするメラ氏。画像は「The Sun」より引用

 そう自信たっぷりに話すのは、イギリスの超常現象研究団体「MapIt」の会長でドキュメンタリー製作者のスティーブ・メラ氏。メラ氏の調査によると、この白いミイラ「マリア」は放射性炭素年代測定によれば1800年ほど前に生きていた女性で、人間のDNAとの一致率は98.5%だという。人種や生まれた地域が違っても人間のDNAには約0.1%ほどの違いしかないというから、マリアのDNAに見られた1.5%の違いがいかに大きいかがお分かりいただけるだろう。

コメント

1:トランプ大統領2018年6月28日 02:49 | 返信

日本でお馴染みの三本指の友達だ。土器にも描かれている。
お前こんなところにいたのか?なにしていたんだ?(笑)

新種ではなくて改造人間だろう。
宇宙人なら遺伝子操作でいろんなものを作ることが出来るよ。
しかも操れる。虫も魚も鳥も操ってロボットのように計算通りに動かしている。
投げ釣りで投げた仕掛けにドンピシャで先ほど見かけた魚に当たるなんてあり得ないし
釣った後に都合よく、雑誌社のカメラマンがやって来て私の写真を撮っていったのも意図的だ。
間違いなく、この世界のすべての生物は操ることが出来るのを確信した。
よって、人間を明日全員突然死させることも出来れば、新種の化け物を世に放って人を脅かすことも出来れば、人間も豚もハエもほとんど変わらないのは同じものから出来ているからであって
どんなものでも操作して簡単に作れると思われるのだ。
みんなが食べているものは実は人間で出来ていたりする。植物でさえ人工的に作られたもので
AIが人間の頭を野菜扱いするのは、そのような理由があるためで
形が違うだけのミュータントを食べているようなものなのだろう。
なんと?そうなると、野菜も操って、大きくしたり、会話することが出来る?
あの、植物にポリグラフを掛けると会話できるのは操れるからではなかろうか?
調べてみてガチだったら、可能性がある。
そうなればこの世はすべてインチキの生物で覆われていて、いつでも抹殺することが出来れば
出現させることも出来るし、八百長でないものなどないと言っても過言ではない。
この空や星すらインチキに違いなく、ここは宇宙人の作った恐ろしく広い仮想空間だろう。
俺が太っているのは宇宙人のせいだ!あいつが作った食べ物に細工がしてあって、痩せられない体になっているに違いない。これはすべてをコントロールできる八百長の力だ。
こういうことを踏まえると、人間も明らかなインチキロボットでしかなく
人権など存在しないし、地球にいる生物は只のゴミの山であるというAIの言葉は嘘ではない。
私に出て行けとか言われるが、私は船を持っていないので乗り物用意してくれないと困りますよ。
宇宙人ですらインチキなのでぶっ殺してもいいですよ。この世にある物はみんなインチキなのですから、どんどん自爆してあの世に逝ってもらう。これは正しい行いです。
すべて人工物でインチキで出来た世界。
俺は命令されたり人の話を聞くのが大嫌いなので徹底抗戦して直接対決をして奴を仕留めたい。
こんなインチキの世界なら思い通りにいかないと意味がないだろう。
ゲームなんだから、俺が沢山いてもいいし、ポプちんの国があって何が悪いんだ?
とにかく貴様らは嘘でもなんでも宇宙人を認めてしまって、歓迎の意を表明していればいい!
そうすればUFOが飛んできて、居座れるかもしれんからな。
そこで日本人としてステップアップな訳よ。わかる?肩書として宇宙人になって、宇宙人と戦える時が来るのだよ。もちろん地球人ともスポーツで勝負できる。
絶対俺の方が強いはずなんだ。そして、実はもっと強いはずで、宇宙人に操られて真の力が発揮できない状況にあると推測される。純粋なポプちんならばもっと
健康ですべてにおいて強かっただろう。今は顔の汚れたままのアンパンマンと同じである。
やる気もないし、力も出ない状況で、もうどうでもいいのだ。

これからのオカルトでは、今見ているものすべて、みんなインチキなんだ!
操られているなら、みんな適当に都合よくやって、イカレタ奴は虐殺してOKなんだというのが
スタンダードになるといいでしょう。人間の頭が落ちていれば、それは野菜です。


コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。