• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【緊急】「宇宙兵器がもうすぐ整う 」ペンタゴンが史上初の爆弾発言! 宇宙戦争時代の突入をガチ発表、中露を牽制!の画像1
画像は「Defense One」より引用

 今月26日、米・ワシントンDCで開かれた「Defense One Technology Summit」において、アメリカ国防情報局長官ロバート・アシュリー中将が、「近い将来、ロシアと中国は宇宙兵器を保有する」と発言した。

 米国国防情報ニュース「Defense One」(6月27日付)によると、アシュリー中将はロシア・中国を「競争相手」と語り、両国は地上からも宇宙からも人工衛星を妨害する能力を発展させており、近いうちに実用化されると警告したという。米軍諜報機関のトップがロシア・中国の軍事的宇宙開発に公の場であからさまに言及したのはこれが初めてだ。

 しかし、今年2月に発表された米国家情報長官の「世界の脅威評価(Worldwide Threat Assessment)」報告書でも同様の指摘がされている。

「ロシアと中国は、洗練された軌道上活動を行うための“実験的”人工衛星を打ち上げ続けている。これらの衛星のうちいくつかは、対宇宙能力の向上を目的とされている。平和的利用のためのテクノロジー、たとえば人工衛星の調査、燃料補給、修理といったものは、敵対する宇宙船にも使用できる」

【緊急】「宇宙兵器がもうすぐ整う 」ペンタゴンが史上初の爆弾発言! 宇宙戦争時代の突入をガチ発表、中露を牽制!の画像2
画像は「Thinkstock」より引用

 今回、アシュリー中将がロシアと中国を名指しで挙げたのは、今月18日米ドナルド・トランプ大統領が発布した宇宙軍の創設を指示する大統領令を受けてのことだろう。米国にはロシア・中国に遅れをとっているという自覚があり、今後本気で軍事的宇宙競争に参戦していく覚悟を決めたようだ。

「競争は激しさを増しています。国防戦略を見てみてください。われわれ米国の技術的優位はなくなりつつあるのです」(アシュリー中将)

コメント

3:トランプ大統領2018年6月30日 08:14 | 返信

私の言ったことは本当になる。というのはこれで証明できたであろう。
いやこれだけではない。そういっている人がネットに書き込みをしているので間違いない。

ならば、クローンはいつできるのか?早くしてもらいたいものだ。
それと宇宙船がないと宇宙人として独立出来ないだろう。
出て行けというなら、モノをよこせよ。
ああ、こんな糞みたいな社会出て行ってやるよ!人間はもううんざりだ!
後はインプラントとミュータンス菌を完全除去、虫歯完治させてもらいたい。
病気がうつる可能背があると私のクローンにも迷惑がかかる。

2:ししゃもとCava ww2018年6月29日 23:51 | 返信

日本政府、車輸入制限反対を米に伝達 「世界経済破壊」と異例の警告←日本政府がアメリカに意見した内容は実に道理に適った内容である。

アメリカはおそらく、いろんな面で下降しているんだろう。中国 ロシアに越されるというより、そもそも昔からそうだったのでは?

ただアメリカのやり方は段々と世界経済を壊す方向性になっている、借金を多く抱える国は良いものが作れない。時代にあった物も作れないから店頭に並ばない。おそらく現段階でアメリカの失業率は30パーセント以上だと思う。これからは50パーセントになる。そうなると、また戦争をやるしか無くなる訳で、イランが注目される。アメリカの特徴は戦争でドルを稼ぐやり方。それで初めて宇宙兵器だの何だのという費用を作る。

1:匿名2018年6月29日 21:01 | 返信

何故か米中の気象コントロール戦争にはノータッチなのな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。