• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【世界を震撼させた知られざる“大未解決事件” 完全紹介シリーズはコチラ】

 普段何気なく目にしている通勤途中の景色も、朝もやが立ち込めていたりすると、まるで異次元への入口に迷い込んでしまいそうで不穏だ。人間はもやや霧に対して、本能的な畏怖の念を抱いているのかもしれない。

 今回は、そんな霧中で起こったミステリアスな事件をご紹介しよう。

mysteriousmists1.JPG
 「Mysterious Universe」の記事より

■帰還しなかったチリ空軍機

 1914年3月9日、チリ空軍所属のアレハンドロ・ベロ・シルバ中尉は、飛行技術試験のため、緊張の面持ちでコックピットに乗り込んだ。彼の愛機は、チリ人として初めて航空機による飛行を成功させたホセ・ルイス・サンチェス・ベサと同型の複葉機だった。

mysteriousmists2.JPG
アレハンドロ・ベロ・シルバ少尉 「Mysterious Universe」の記事より

 フライトルートは、チリ中央部のロ・エスペホ飛行場を飛び立ち、危なげな山脈地帯を縫ってシトリン、カルタヘナを周回してくるというもの。総飛行距離約178km。鋭い岩肌の山々を首尾よく、くぐり抜けられるかどうかがパイロットの腕の見せどころ。しかし、すでに優秀な操縦士として認められていたシルバ中尉なら、どんな難ルートであろうと、たやすくクリアすると誰もが思っていた。

 だが、彼は消えた。

 試験にはインストラクターも追随していたが、途中で燃料切れとなって引き返すことになり、シルバ中尉だけが飛行を続けた。目撃者の話では、複葉機は厚く覆われた雲の中へ飛び込んでいき、反対側から姿を現すはずが――それっきり、消息を絶ってしまったという。大規模な捜索活動が何度も行われたが、パイロットの姿はおろか、機体の残骸ひとつ見つからなかった。

 その後、シルバ中尉は推定死亡と判断された。この事件は、チリ国民によほどショッキングだったのだろう、チリには次のような表現があるという。

「Mas perdido que el Teniente Bello(ベロ中尉よりも迷子になった)」

 完全に、ガチで道に迷ってしまったときなどに使うらしい。

コメント

1:妄想代弁人2018年7月 9日 11:00 | 返信

>これら2つの事件に共通するのは、目撃証言の信憑性が高いという点だ。

片や、追随していたインストラクター、
片や、某銀行支店長代理。

即ち、何の肩書も持たない一般市民などというものは、
愚かで嘘つきな奴らであると、世間は見ているということだ。

こうして、大衆はやすやすと肩書に騙され、御用学者が蔓延る。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。