• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
kissinger_03.jpg
ヘンリー・キッシンジャー「Wikipedia」より引用

 2018年6月7日から4日間、イタリアのトリノでビルダーバーグ会議が開催された。世界を実質的に操る白人リーダーたちの年1回の秘密会議である。そのビルダーバーグ会議の131人の出席メンバーの中に、今年95歳になるヘンリー・キッシンジャーの名前があったことがさまざまな憶測を呼んでいる。(ビルダーバーグ会議2018についての過去記事はコチラ

 ヘンリー・キッシンジャーはもともとロックフェラー家おかかえの政治学者で、ホワイトハウスに送り込まれアメリカ合衆国のニクソン政権とフォード政権を実質的に操った黒幕である。ベトナム戦争の拡大、米ソ冷戦を利用した軍拡、中東戦争を利用したオイルショックなどを裏から糸をひいていたとされる。

 すでに一線を退きオイルビジネスや武器ビジネスの顧問として悠々自適の生活を送っているはずのキッシンジャーがなぜ「影のサミット」と呼ばれるビルダーバーグ会議の表舞台に登場したのか?

 ビルダーバーグ会議はそもそも「白人の支配層」に限定した秘密会議であり、その情報は容易には外には漏れてこない。とはいえオイルビジネス、金融ビジネス、政治や国防に関する研究所などビルダーバーグ会議傘下にある機関の中枢で働いている幹部には部分的にその内容がおりてくる。

「まだわからないところは多いが、過去の例からみるとこういうことではないか?」とあるイギリスの機関に勤める知人がビルダーバーグ会議の概要を話してくれた。彼によるとビルダーバーグ会議2018は公開されている12のアジェンダ(議題)とは別のくくりで、3種類の集まりに分けられるらしい。

kissinger_02.jpg
画像は「Thinkstock」より引用

 その3種類の集まりとはブリーフィング(情報の共有)、ディスカッション(方針にまつわる議論)、オーダー(世界新秩序としての方針の伝達)に分けられるという。

 たとえばアジェンダの中の「人工知能」や「量子コンピュータ」に関連してイギリスのディープマインド社のCEOデミス・ハサビスが招へいされていることが注目されているが、彼は基本的にブリーフィング要員である。他に米カリフォルニア州から招かれているコンピューティング、ロボティクス、遺伝子工学、胚細胞の権威も同様の位置づけだそうだ。

 同じく「中間選挙前のアメリカ」「ロシア」「サウジアラビアとイラン」「ヨーロッパのポピュリズム」といったアジェンダに関しても、政治学者や宗教学者、政府系シンクタンクの研究員などはブリーフィングの位置づけで参加を求められる。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。