• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

【日刊サイゾーより】

 現地の習慣や風俗を踏みにじり、やりたい放題の傍若無人な振る舞いで世界各国の観光地から鼻つまみ者扱いされている中国人観光客が、またやらかした。

 現場となったのは、マレーシアのボルネオ島北部にあるサバ州のコタキナバル。市の郊外に市立のモスクがあるのだが、建物の手前に配された池に浮かんでいるようにも見えることから「浮かぶモスク」とも呼ばれ、観光スポットとなっている。

 6月23日、そこに現れたのが2人の中国人女性。何を思ったのか、彼女たちは建物前にある低い壁の上に乗り、いきなり踊りだしたのだ。

 2人の格好は、タンクトップに太もも丸出しの短パン姿。ここがビーチか何かだったら大きな問題にはならなかっただろうが、イスラム教のモスクのすぐ前である。イスラム教では女性は人前で肌を出してはならず、髪の毛でさえスカーフで隠さなくてはならないほど、服装には厳しい。ましてや神聖なモスクでは、男性でさえ短パンでは中に入れないほどである。

 この振る舞いに怒りを感じたのか、何者かが2人の無礼な行いを遠くからビデオ撮影しており、それをネット上にアップ。これを見た現地の市民やイスラム教団体が怒りを表明し、警察は2人を宿泊先のホテルで逮捕した。

 2人はともにダンスのインストラクターで、「ちょっと遊んだだけで悪意はなく、宗教を冒涜するつもりはなかった」と弁明。寛大な処置を懇願したという。

 結局、起訴処分を受けることなく、25リンギット(700円弱)の軽い罰金刑で済んだが、その夜のうちに中国へ強制送還された。


タイのクラビで、次々とカニの像に乗っかる中国人観光客
 くだんのモスクは事件を問題視。しばらくの間、観光客の立ち入りを禁止し、場合によっては今後は観光客の入場を制限する可能性もあるとしている。

 一方、在マレーシア中国領事館も、今回の事件が現地社会の反感を買っていると注意を促し、自国の旅行者に対して、現地の法律や習慣、文化を尊重して行動するよう呼びかけている。

 また、ほぼ同じ頃にタイのビーチリゾート・クラビでは、町のシンボルでもあるカニの像に、上に乗ることを禁止する張り紙を無視して中国人観光客が乗っかって記念撮影をし、現地の人たちからヒンシュクを買うという事件も起こっている。

 問題行動を起こすのは一部だけなのだが、こういった輩が後を絶たないため、いつまでたっても中国人観光客のイメージは改善されないのである。

(文=佐久間賢三)

関連キーワード

コメント

1:匿名2018年7月 5日 23:47 | 返信

しかしマハティールもどうせドゥテルテの様に日和る

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。