• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

「三つ子の魂百まで」ということわざはサイエンス的にもおおむね正しいことが指摘されている。サイコパス的性格特性やセックスの好みまでもが、幼少期の育ちと環境によってほぼ決定されてしまうというのだ。


■サイコな者ほど“ヤリ●●”が多い?

 カジュアルセックスとはれっきとしたパートナーではない者同士の性行為といえる、パートナーがいる身で行えばもちろん浮気、あるいは不倫にもなり得る。いわゆる“ヤリ●●”の意味合いも帯びてくるこのカジュアルセックスだが、それを好むかどうかは、幼少期の育ち方である程度決まるというから興味深い。

 オーストラリア・ウェスタンシドニー大学をはじめとする合同研究チームが先ごろ、学術ジャーナル「The Journal of Sex Research」で発表した研究では、702人の大学生の精神病理的な性格特性を浮き彫りにすると共に幼少時からの生活史を聞き出し、性的関係を結ぶことへの抵抗の無さを示すソシオセクシャリティ(Sociosexuality)を計測した。

 収集したデータを分析した結果、精神病理的な性格特性を多く備える者ほど、ソシオセクシャリティの値が高いことが導き出された。つまり精神病理的な問題を抱えている者ほど、カジュアルセックスを好む傾向が明らかになったのだ。

personalitypathologies1.JPG
 「Big Think」の記事より

「一般的に言って、精神病理的なパーソナリティーの者は真剣な交際よりもカジュアルセックスにより興味を持ちます」と研究を主導したウェスタンシドニー大学のピーター・カール・ジョンソン氏は心理学系オンラインメディア「PsyPost」に話している。

 一般的なイメージ通りというか、男性は女性よりもカジュアルセックスにより興味を持っていて、一方で女性は長期的な関係を築くことにより興味を持つようになることも判明した。しかし性行為の経験数で見る限り性別は関係ないということだ。

「これらの性差は、精神病理的な人格特性によって部分的に引き起こされ、拮抗的な抑制から解かれた男性はよりカジュアルセックスに興味を持ち、一方で女性でも過度に神経質な者は長期的な関係に、より関心を持つと報告しています」(ピーター・カール・ジョンソン氏)

 つまり男女の違いであるとともに、性格特性の違いでもあったということになる。ではなぜこのような違いが生まれてくるのだろうか。

コメント

5:匿名2018年7月 9日 21:41 | 返信

サイコの方が繁殖力が高いのか

4:匿名2018年7月 9日 19:40 | 返信

英語を直訳するなよwww
育ちが悪いのは コメ2の指摘通りだろ
転勤 転校が多いのは《育ちが悪い》のではなく
学習環境に恵まれない 苦労が多い のほうが合ってると思う

3:匿名2018年7月 9日 16:49 | 返信

1:匿名へ。おまえが、学歴差別と部落差別者平均年齢34.4才の中高年ひきこもりに仕事を紹介すれば済むことなんだが。この国は社会的弱者に対する部落・差別的なやつらばっかりだから、働けないのも一理あるのかもな

2:悪臭をラムネソーダ臭で隠すゴミ2018年7月 9日 15:07 | 返信

育ちが悪いひとというのは素行が悪い家で育ったり親が借金王だったり、無職の親だったり、アル中とか麻薬の人を言う。

基本的に素行が悪い人間は必ず離婚する/される 本能が拒絶反応する人間はそうなるし。

1:匿名2018年7月 9日 15:00 | 返信

しんじへ。正直言っていい?もし自分が変な事言ってたら叩いてね。家柄や育ちが良い人は結局、最後(最後の婚姻)は同じ育ちが良い人と結ばれると思う。生活上の価値観や性格が違いすぎると疲れるでしょ。確かに結婚差別、就職差別はあるよ。あれは何故やるかって人間関係のその空間でストレスを生じさせない為。
育ちが良い人悪い人 それぞれ気の流れとか何かで分かるよ 気配や日頃の生活スタイルなど。嫌でしょ?近くに育ちが悪く、仕事もしないで家に引きこもってるじじい中高年とか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。