• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

■“育ちが悪い”と生き急いでカジュアルセックス好きに

 カジュアルセックスが好きかどうか、そこには“生き急ぎ”度が関係しているという。のんびりしている人よりも、生き急いでいる人のほうがカジュアルセックスを好むのである。

「重要なのは、社会性のある長期的関係性を利己的な短期的関係性と交換することは、“人生のスピード”が果たす機能であるように見えることです。これは進化生物学と行動生態学の文献から得られた現代の進化心理学における重要な変数です」(ピーター・カール・ジョンソン氏)

 これまでは主に昆虫などの生物のライフサイクルを説明するために使われてきた理論である生活史理論(Life history theory)を人間に適応させてみると、幼少期の体験はその人の他者との関係性構築のスタイルを形成することになるという。つまり幼少期の“育ち”が人との関わり方に強い影響を及ぼしていることになるのだ。

personalitypathologies2.JPG
 「PsyPost」の記事より

 そして幼児期になって何かと予測不能なイベント(引越しや転校、両親の離婚など)に直面し、いろんな意味で安住できなかった人を、この研究では“育ちが悪い人”と定義しており、それに該当する人は、不確かな愛着心、喫緊の満足感、リスキーな行動を求めやすく、寿命はともかく“生き急ぐ”傾向があるということだ。

 したがってセックスにおいても1人のパートナーと長く行うよりも、行き当たりばったりに多くの相手と行うカジュアルセックスのほうを好むということだ。その根底には自分は長くは生きられないという自意識があり、できるうちになるべく多くの相手とセックスをして遺伝子を残す確率を高めたいという生存戦略があると説明できるという。

 反対に“育ちが良い”人とは、精神病理的な人格特性を備えにくく、生き急がずに将来を見据えた投資を行い長く続く人間関係を築く傾向が高い者と定義づけられ、彼らは、自分がかなり長生きするものだという前提で行動しているからとされる。

 なんだか“育ちの悪い”人が散々な言われようになっている研究だが、こうしたメカニズムを理解しておくことが、対人関係の問題における解決や改善策の糸口となるのだろうか。
(文=仲田しんじ)

参考:「Big Think」、「PsyPost」ほか

コメント

5:匿名2018年7月 9日 21:41 | 返信

サイコの方が繁殖力が高いのか

4:匿名2018年7月 9日 19:40 | 返信

英語を直訳するなよwww
育ちが悪いのは コメ2の指摘通りだろ
転勤 転校が多いのは《育ちが悪い》のではなく
学習環境に恵まれない 苦労が多い のほうが合ってると思う

3:匿名2018年7月 9日 16:49 | 返信

1:匿名へ。おまえが、学歴差別と部落差別者平均年齢34.4才の中高年ひきこもりに仕事を紹介すれば済むことなんだが。この国は社会的弱者に対する部落・差別的なやつらばっかりだから、働けないのも一理あるのかもな

2:悪臭をラムネソーダ臭で隠すゴミ2018年7月 9日 15:07 | 返信

育ちが悪いひとというのは素行が悪い家で育ったり親が借金王だったり、無職の親だったり、アル中とか麻薬の人を言う。

基本的に素行が悪い人間は必ず離婚する/される 本能が拒絶反応する人間はそうなるし。

1:匿名2018年7月 9日 15:00 | 返信

しんじへ。正直言っていい?もし自分が変な事言ってたら叩いてね。家柄や育ちが良い人は結局、最後(最後の婚姻)は同じ育ちが良い人と結ばれると思う。生活上の価値観や性格が違いすぎると疲れるでしょ。確かに結婚差別、就職差別はあるよ。あれは何故やるかって人間関係のその空間でストレスを生じさせない為。
育ちが良い人悪い人 それぞれ気の流れとか何かで分かるよ 気配や日頃の生活スタイルなど。嫌でしょ?近くに育ちが悪く、仕事もしないで家に引きこもってるじじい中高年とか。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。