• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 北アメリカ大陸には、15世紀のヨーロッパ人による「発見」のずっと前から多くの人々が居住していた。だが、海外の不思議サイト「Mysterious Universe」によると、そんな彼らの間にも「先住民」の伝説が存在するという。チェロキー族が「月の眼を持つ人々(The Moon-Eyed People)」と呼び語り継いだ幻の部族とは、一体どのような人々だったのか。

0705mep-1.jpg
アパラチアの山々。画像は「Thinkstock」より引用


■月の目を持つ人々

 現在の米国東部ノースカロライナ州は、ヨーロッパ人による植民地化以前はチェロキー族の人々が暮らす土地であった。だがチェロキー族の伝承によると、彼らがやってくる前からこの土地に居住していた部族がいた。彼らはアパラチア山脈の深い森の中に住み、石膏像のように真っ白な肌と髪、大きな青い目を持ち、顔にはひげを生やしていたという。小さな体をした夜行性の部族で、昼間は太陽を避けるように洞窟に隠れ、日が沈んでから森の中を歩き回っていた。太陽光より月光の下で活動するのに適した青い目を持っていたことから、チェロキー族は彼らを「月の目を持つ人々(The Moon-Eyed People)」と呼んだ。

 ムーンアイドピープルは長くその土地を支配していたが、やってきたチェロキー族との戦いに負けて追放されたという。伝承によれば、チェロキー族は彼らの洞窟の前で朝が来るのを待ち、太陽で目が見えなくなったところを攻めたとされる。同様の伝承は現在のテネシー州やジョージア州周辺に居住していたクリーク族にも残っているそうだ。

0705mep-2.JPG
フォートマウンテンの遺跡。画像は「Wikipedia」より引用

 この不思議な伝承を裏付けるようにノースカロライナ州やジョージア州、アラバマ州などアパラチア山脈の麓には古い遺跡が残っている。特に有名なのがジョージア州のフォートマウンテン国立公園に残る砦の遺跡で、西暦500年頃のものとみられている。

コメント

3:トランプ大統領2018年7月12日 02:32 | 返信

>>2

青い肌とか俗称?
それとも銀中毒の人か?あれは本当に肌の色が変わるのか知らないけど
青い侍ならここにいるだろう。ドSの極道こそ日本人なのだ。

石像はどう見ても髪の毛ないけど?本当に月の眼の人か?
出来が悪すぎて確かにエイリアンのようだ。
大体。その伝説も怪しいものだ。捏造ではないのか?
そんな白い人が集団で生活しているとは考えにくい。
遺跡や遺体などないのか?具体的ではない。

白人野郎がやってくる前に、すでに縄文人がアメリカに渡っていたのだから
本来ならアメリカは日本の保護すべき土地であり
ネイティブアメリカンと同盟関係であっておかしくないのだ。
今の日米同盟は大昔からあった説だな。

しかし、ネイティブアメリカンだかインディアンという名前はどうにかならないのか?
正しい呼び名ではない。いい加減に彼らには新しく名前を付けてもらいたい。
独立したい部族もいるので名前を新しくしてもらいたい。
あと、インディアンに扮した白人の偽物は殺害してもらいたい。どうせチョンの手先だから。
やるなら油で揚げて処刑してもらいたい。
TOCANAもそういう映像は見たいと思っているはずだ。
油で揚げ殺すなんてのは珍しいし、だれもが見てみたいだろう。

2:匿名2018年7月11日 22:43 | 返信

ユーラシアの東端に居たとかいう青い肌の人の特集もしてほしいな

つーても知られている伝承のほかには情報ないだろうけど

1:酢を撒き散らす迷惑住人(腐臭アパート)2018年7月11日 19:24 | 返信

月は人工的に作られたのがヒント

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。